【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

渡辺省亭(わたなべせいてい)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

渡辺省亭
1852年 - 1918年
日本画掛軸買取

渡辺省亭(わたなべせいてい)1852年–1918年

日本画掛軸

渡辺省亭は明治・大正に活躍した日本画家です。
伝統的な日本画の技術に西洋画のエッセンスを盛り込んだ独自の画風を編み出し、花鳥画や人物画の分野で優れた作品を残しました。省亭の作品は海外でも高い知名度を誇り、ニューヨークのメトロポリタン美術館、ロンドンの大英博物館など、世界の名だたる美術館・博物館にも所蔵されています。

渡辺省亭の詳細を見る

花鳥画・人物画に西洋画の技法を導入した日本画家

1852年、東京都で生まれた渡辺省亭。
幼い頃から絵画に興味を持ち、奉公先でも絵ばかり描いて仕事をしないような少年で、16歳の頃に花鳥画を得意とする画家・柴田是真の門を叩きます。

しかし是真は、「僕のところで勉強するよりも菊池先生のほうが良いだろう」と判断し、歴史人物画の手本「前賢故実」を描いた画家・菊池容斎を紹介。 省亭は、容斎のもとで厳しい修業時代を経て工芸品の図案を手がける画家としてデビューしました。 貿易会社・起立工商株式会社の社員として輸出用の工芸品の図案を多数手がけ、その作品を内国勧業博覧会に出品して高評価を得ます。 また絵画作品「郡鳩浴水盤ノ図」が1878年のパリ万博に出品され、これをきっかけにフランス留学への道が開けます。フランスではパリに滞在して印象派の画家たちと交流し、西洋画の技法を吸収しました。

帰国後には、留学を経てさらに冴えを増した絵筆をふるい、さまざまな展覧会で賞を獲得します。 また、1880年代の後半からは文芸雑誌や単行本の口絵や挿絵を手がけるようになり、広く一般庶民にもその名が知られるようになります。

特に省亭の名を高めたのは、文芸雑誌『国民之友』に掲載された山田美妙の小説『蝴蝶』の挿絵でした。平安時代を舞台にした時代小説ですが、省亭は主人公の蝴蝶を目の覚めるような美しい裸体で描いています。この挿絵は、読者はもちろん芸術家にも衝撃を与えました。流行作家の田山花袋は、のちに「小説の題は忘れたが、あの挿絵は今も鮮明に覚えている」と述懐しています。

こうして、その名を画壇に轟かせた渡辺省亭。裸婦画をはじめとする人物画にも優れた作品を残しましたが、最も得意としたのは花鳥風月を表現した花鳥画でした。 1890~1894年に編集長として携わった美術雑誌『美術世界』では同時代の画家たちとともに数多くの作品を掲載し、全25巻のうち最終巻は花鳥画も含む省亭特集号として発行します。 その作品は伝統的な日本画の様式にのっとったものでしたが、繊細な描写は西洋画の影響が色濃く表れたもので、実際に海外で高い人気を誇りました。 1918年に死去したあともその人気は高く、アメリカやイギリス、ドイツといった国々の美術館・博物館には現在も省亭の作品が所蔵されています。

渡辺省亭の代表作

  • 「四季花鳥図」

    春夏秋冬を描いた4幅からなる作品で、特に「夏」は名作といわれています。 藤の花が垂れかかる池に鯉と金魚が泳ぐ姿を描いたもので、暑気の中でふと垣間見える涼やかな情景が切り取られています。枝垂れた藤は淡い紫や青を織り交ぜた繊細な描き分けで表現され、鯉や金魚は美しい曲線を駆使して描かれ、緻密に描写されています。

  • 「美人図」

    花鳥画で世に知られた渡辺省亭は、人物画の名手でもありました。 この作品では、薄い生地の着物をはだけて輝くような色白の裸身をあらわにした女性が、童女に手伝ってもらいながら鏡を前にして髪をすいている姿を描いています。女性美を見事にとらえた裸体、精緻に表現された髪、女性の体にふわりとかかる着物の透明感が見る人を魅了します。
    その他、「花鳥魚蝦畫冊」「雪中牡丹に雀図」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。