【 感染対策について 】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはこちらよりご確認ください。

林武(はやしたけし)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

林武
1896年 - 1975年
洋画買取

林武(はやしたけし)1896年–1975年

洋画

林武は、大正時代に活躍した洋画家です。
幼い頃から画才に恵まれており、1921年には第8回二科展で樗牛賞を受賞。 以後、創作活動に励む傍ら、円鳥会の設立に携わったり、一九三○協会および二科会の会員に選ばれたりと、目覚ましい活躍を見せます。 また、渡仏後は西洋の思想に感化され、既存の枠組みにとらわれない自由な作風で描きました。 加えて、この頃からフォーヴィスム(野獣派)の影響も強く受けており、原色をそのまま用いた鮮烈な色彩で描いているのも特徴です。 その一方で、後期は国語問題協議会の会長に就任。 日本の国語問題にも真摯に取り組むなど、幅広い活躍を見せました。

林武の詳細を見る

多彩な分野で日本近代美術に貢献した洋画家

林武は1896年、東京市麹町区(現・千代田区)に生まれました。
1920年に上京し、東京美術学校(現・東京藝術大学)に入学するものの、思うような勉強ができなかったことから、翌年には中退します。 しかし、幼い頃から画才に恵まれていた林は、同年開催の第8回二科展で初入選を果たし、さらには樗牛賞を受賞。その名を馳せました。 その後、1923年の関東大震災の影響で一時は神戸に転居しますが、依然として画家活動に専念。円鳥会の設立に携わったり、一九三○協会および二科会の会員に選任されたりと、幅広く活躍します。 そして、1930年には二科会を脱退し、独立美術協会の設立に参加。以降、ここで主に作品を発表するようになります。

そんな中、1934年に渡仏した林は、そこで触れた西洋の思想に感化され、従来と異なる奔放な作風で女性画を描くようになりました。 そのほか、父・甕臣が国語学者だったこともあり、1971年には国語問題協議会の会長に就任。画業だけにとどまらず、幅広い分野で活躍しました。

林武の代表作

  • 「梳る女」

    1949年に第1回毎日美術賞を受賞した作品です。 フォーヴィスムの技法に倣い、力強い筆致、鮮烈な色彩で描かれています。 また、塗った絵具をそのまま削ぎ落とし、その上から再び塗り上げる、という独特な手法が用いられているのも特徴です。 これにより、強烈な色彩でありながらも艶やかで透明感のある作品に仕上がっています。

  • 「コワヒューズ」

    1935年、ピカソをはじめとする西洋の画家に触発されて描いた作品です。 2人の裸婦が描かれていますが、これは人体の表現を研究する一環で創作されました。 現在は東京国立近代美術館に所蔵されています。
    そのほか、「星女嬢」「十和田湖」などが代表作として知られています。

出張買取30%UP

対象外商品:古銭(貨幣)、金属製品
※店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。
※他のキャンペーンと併用不可です。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

買取専門のオペレーターがご対応します

0120-961-491

受付時間 9:00~20:00 (年中無休※年末年始除く)

※お電話が混雑しており繋がらない場合は
大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。

はじめての方でも安心してご利用いただけます

日晃堂で骨董品を売るのはとてもカンタンです

  • 1.連絡・持ち込み

    Webフォーム、電話、持ち込みなどお気軽にご連絡ください。
  • 2.ご訪問・査定

    全国どこでもお伺いします。宅配・店頭買取もお気軽にご利用ください。
  • 3.成立・お支払い

    査定価格にご納得いただけた場合はその場で現金で買取価格をお支払いします。

買取方法~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。