【 感染対策について 】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはこちらよりご確認ください。

郎世寧(ろうせいねい)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

郎世寧
1688年 - 1766年
中国掛軸買取

郎世寧(ろうせいねい)1688年–1766年

中国掛軸

郎世寧は、清王朝の時代に宮廷画家として活躍した人物です。
もともとはイタリア出身のイエズス会の宣教師であり、本名はジュゼッペ・カスティリオーネ。27歳まで布教活動に携わっていました。 西洋人でありながら、清王朝における歴代皇帝の中で随一の名君として知られる第4代皇帝・康煕帝をはじめ、雍正帝、乾隆帝の3代にわたって王朝に仕えた異色の経歴を持ちます。 また、得意としていた西洋画特有の写実的な描写、陰影法を中国に伝え、中国芸術に大きな影響を与えた人物としても知られています。「中国風景図」をはじめとする数々の絵画を創作したほか、離宮・円明園の西洋桜の設計にも携わりました。

郎世寧の詳細を見る

3代にわたって清王朝に仕えた西洋人画家

郎世寧(ジュゼッペ・カスティリオーネ)は1688年、イタリア・ミラノで生まれました。
イタリアの画家であるアンドレア・ポッツォの影響を受け、独自に絵画を学び、1707年にイエズス会に入信したあともキリスト教徒として活動するかたわら、絵を描き続けていました。 こうして高い画力を発揮していた郎世寧は、その腕を見込まれ、中国で画家として活動することを命じられます。そして1715年、中国に渡り、清朝に仕える宮廷画家として、当時の皇帝・康煕帝のもとで新たな人生をスタートさせました。

康煕帝の没後、第5代皇帝・雍正帝はキリスト教を禁止。宣教師をマカオに追放しました。 しかし宮廷に仕える宣教師は許しており、これによって郎世寧は引き続き宮廷画家を続けることになります。 また第6代皇帝・乾隆帝にいたっては、乾隆帝が皇子だった頃から仕えていたこともあり、特別重用されたといいます。 こうして、西洋人が3代にわたって宮廷画家を務めるという異例の快挙を成し遂げた郎世寧は、風景画や肖像画など、数々の作品を創作しました。 また、離宮・円明園の改装にも立ち会っており、バロック様式を採用した西洋桜を設計しています。 惜しくも1766年に生涯を終えたものの、生前の功績が称えられ、侍郎の官位が贈られました。

郎世寧の代表作

  • 「乾隆帝朝服像」

    清朝の6代皇帝・乾隆帝をモデルに描いた肖像画です。
    正式に朝服姿を正面から描いた作品はこれが史上初。陰影による明暗をあえて描かないことで、温かみのある柔和な表情に仕上げられています。 ちなみに、后妃や皇后の肖像画絵巻も一緒に制作されており、そちらには「心写治平図」というタイトルが付けられています。

  • 「百駿図」

    雍正帝50歳を祝福するために描かれた作品です。
    “百”には「100歳まで生きる=長寿、不老不死」の意味合いが込められており、その点が高く評価されたという逸話があります。 優美な馬苑の様子、思い思いの過ごし方をする馬たちの様子が描かれています。
    そのほか、「聚瑞図」「ジュンガル討伐戦の情景画」などが代表作として有名です。

出張買取30%UP

対象外商品:古銭(貨幣)、金属製品
※店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。
※他のキャンペーンと併用不可です。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

買取専門のオペレーターがご対応します

0120-961-491

受付時間 9:00~20:00 (年中無休※年末年始除く)

※お電話が混雑しており繋がらない場合は
大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。

はじめての方でも安心してご利用いただけます

日晃堂で骨董品を売るのはとてもカンタンです

  • 1.連絡・持ち込み

    Webフォーム、電話、持ち込みなどお気軽にご連絡ください。
  • 2.ご訪問・査定

    全国どこでもお伺いします。宅配・店頭買取もお気軽にご利用ください。
  • 3.成立・お支払い

    査定価格にご納得いただけた場合はその場で現金で買取価格をお支払いします。

買取方法~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。