【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

藍瑛(らんえい)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

藍瑛
1585年 - 没年不詳
中国掛軸買取

藍瑛(らんえい)1585年–没年不詳

中国掛軸

藍瑛は、明代から清代にかけて活躍した画家です。
没年については明確になっていませんが、一説によると1664~1666年の間とされています。 また、その経歴もすべてが明らかにはなっていません。 そんな藍瑛は宋代および元代の絵画を研究し、当時主流だった浙派の画風をベースにした新たな作風を確立。このことから「浙派の殿将」と呼ばれたほか、この新たな作風が後に「武林派」と命名されることから「武林派の始祖」とも称されました。 山水画を主軸にしつつ、人物画や花鳥画なども幅広く制作。また、日本との交流が深く、谷文晁や池大雅など、多くの日本人画家に強い影響を与えました。このような経緯があることから、現在も日本国内には藍瑛の作品が多く残されており、根強い人気を誇っています。

藍瑛の詳細を見る

日本画家にも影響を及ぼした武林派の生みの親

1585年、藍瑛は現在の中国浙江省に生まれました。
江南各地を遊学し、やがて董其昌や陳継儒といった画家に師事します。古画や文人画はこのときに学んだとされています。その後、同じく画家の沈周に師事し、職業画家としての技術を磨きました。 以降、杭州を拠点にして後進の育成・指導に励んだといいます。

一方で自身も画家として積極的に活動しており、飽くなき探求心を持って研究に励みます。 その結果、自由奔放で力強さを感じさせる浙派の作風に文人画の上品さを組み合わせた、新たな作風を編み出すことに成功しました。 これが後に「武林派」と呼ばれるようになり、それにあわせて藍瑛は「武林派の始祖」として名を広めました。 こうして中国画壇に新たな風を巻き起こした藍瑛の作品は日本でも広まり、多くの南画家および江戸時代の日本画壇に大きな影響を及ぼしました。

藍瑛の代表作

  • 「溪山雪霽図」

    1628年に描かれた作品です。 小舟に腰かけた文人が、風情のある冬景色を眺めている様子が描かれています。 力強い筆致で描かれた山々、銀白色の雪が被さった木々に独特のきらびやかさが感じられます。

  • 「天目喬松図」

    1629年に描かれたとされる名作。 浙江省にそびえる、道教および仏教の聖山・天目山を題材に描かれています。 当時の中国では高くそびえる荘厳な高山の絵が人気を博しており、また藍瑛の高度な画力も相まって絶大な支持を得ました。逞しく描かれた山肌の中に柔和な筆線を見ることができ、まさに浙派の力強さと文人画の気品さを兼ね備えた、武林派特有の画風が顕著に表れた作品といえるでしょう。
    その他、「山水図扇面」「秋景山水図」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。