【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

中尾淳(なかおじゅん)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

中尾淳
1917年 - 2008年
日本画買取

中尾淳(なかおじゅん)1917年–2008年

日本画

中尾淳は大正生まれの日本画家で、特に昭和から平成にかけて活躍しました。
美人画を最も得意としており、代表作とされる作品も多くは京都の舞妓などを題材とした美人画です。女性のたおやかさと美しさ、特に若い女性のみずみずしさが画面を通して伝わってくるかのような作品を多くあらわしています。美術団体には属さなかったために大々的にその名が知られることはありませんでしたが、作品の中には海外の政府に買い上げられたものも少なくなく、国際的な評価も得ている実力派の日本画家でした。その作品は現在においても高い価値を誇ります。

中尾淳の詳細を見る

舞妓の美しさにこだわった日本画家

1917年、中尾淳は徳島県に生まれました。
少年時代から絵筆を手に取り、絵画に親しみを持っていた淳は、進路を決めるにあたって迷わず絵画を選択。京都市立絵画専門学校に入学し、日本画を学びます。 在学中からその才能をあらわし、卒業後は新進気鋭の日本画家として活躍しました。

そんな中尾淳は、過去の美人画を得意とした日本画家、特に寺島紫明に大きな影響を受けています。紫明は、伝統的な日本画の流れをくむ画家で、きりりとした眼差しが特徴的な美しい日本女性を描いた作品に定評がある画家です。 中尾淳はその美しさに打たれ、自らもそのような清らかな美女を描く作品を手がけるようになります。

ただし、中尾淳はその生涯において画家たちが集まる画壇にはほとんど縁を持ちませんでした。 生涯現役の孤高の絵描きとして生き、絵画制作に勤しみ、完成させた作品は年に2回、百貨店などで開く個展で発表しました。 その作品はひそかな人気を呼び、海外でも高い人気を誇りました。 実際に、発表された中尾淳の作品はいくつかが海外の政府の買い上げとなっています。

こうして市井の画家として生涯を送った中尾淳は、2008年に死去。享年91歳でした。

中尾淳の代表作

  • 中尾淳は、徹頭徹尾「美人」にこだわって女性を題材にした人物画を描きました。 緻密な描写と繊細な色遣いを特徴とする伝統的な日本画の手法を使い、特に舞妓の肖像を美しく仕上げた作品に定評があります。 きらびやかな和服に身を包んだ舞妓が扇子を広げて座敷で舞い踊る姿、ふたりの舞妓が連れ立って歩く姿など、匂い立つような女性美に満ちた姿が表現されています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。