張問陶(ちょうもんとう)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

※お電話が混雑しており繋がらない場合は、大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。

張問陶
1764年 ‐ 1814年
掛軸買取

張問陶(ちょうもんとう)1764年‐1814年

掛軸

張問陶は、清時代の中国で活躍した詩人です。
優れた書画も残しており、骨董市場では主に掛け軸が取引されています。著名な詩人の手がけた作品であり、なおかつ書画として優れていることもあって、いずれも高い価値を誇ります。詩人としての張問陶は抒情性を重視した作品を多く手がけており、当時は中国第一の詩人と称されるほどでした。また当時、江戸時代末期を迎えていた日本でも張問陶の詩の人気は高く、教養のひとつとして読まれていたという歴史があります。

張問陶の詳細を見る

清代中国の詩人にして書画を得意とした人物

1764年、張問陶は現在の中国四川省に生まれました。
号は船山。そのほかに蜀山老猿という号も用いました。ちなみに“猿”の字が使われているのは、張問陶自身の見た目が猿に似ていたことが由来といわれています。若い頃から学問に優れた秀才で、なおかつ感性豊かな詩人としても知られていた張問陶は、26歳で科挙に合格して官吏となりました。その後は順調に出世を重ね、翰林院検討や吏部郎中といった役職を経て、山東省の莱州知事に就任します。1812年に退官するまでその地位にあり、退官から2年後の1814年に死去します。詩人としての張問陶の名は、科挙に合格した頃から文学界で広く知られるようになっており、当時の大詩人として巨匠の名をほしいままにしていた袁枚からは高評価を受けました。こうして当時随一の文学者のひとりとして知られるようになった張問陶ですが、天下国家をうたった作品よりも、むしろ人気が高いのは日常のこまやかな情景や妻への想いを歌った作品であるとされています。

張問陶の作品

張問陶は、生涯で数多くの詩を書き、多くの書画を残しました。
掛け軸の形で残された絵画作品は伝統的な山水画の形式で描かれたものが多く、素朴でありながらも一種の風格を備えた仕上がりになっているのが特徴として挙げられます。また、全20巻の詩集『船山詩草』は日本でも人気が高く、江戸時代末期に出版されて広く読まれたほか、明治時代に入って以降もたびたび出版されて読書家に愛読されました。現在も日本や中国で出版された書物が流通しており、古本の世界では盛んに取引が行われています。

出張買取保証・30%UP

※30%UP対象商品:骨董品、美術品、食器
※店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。
※キャンペーンの併用は不可です。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

買取専門のオペレーターがご対応します

0120-961-491

受付時間 9:00~19:00 (年中無休※年末年始除く)

※お電話が混雑しており繋がらない場合は
大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。

はじめての方でも安心してご利用いただけます

日晃堂で骨董品・古美術品を
売るのはとてもカンタンです

  • 連絡・持ち込み

    1.連絡・持ち込み

    Webフォーム、電話、持ち込みなどお気軽にご連絡ください。
  • ご訪問・査定

    2.ご訪問・査定

    全国どこでもお伺いします。宅配・店頭買取もお気軽にご利用ください。
  • 成立・お支払い

    3.成立・お支払い

    査定価格にご納得いただけた場合はその場で現金で買取価格をお支払いします。

買取方法~ご都合に合わせて選べる~

他店で断られた状態不良の
お品物でも
お気軽にお問合せください

独自の販売ルートを確立している日晃堂なら、以下のようなお品物でも、しっかりと査定することが可能です。

ご売却をご検討中の古美術品・骨董品がございましたら、査定は完全無料ですので、お気軽にお問合せください。

  • 欠け

    欠け

  • 汚れ

    汚れ

  • 変形

    変形

  • サビ

    サビ

  • シミ

    シミ

  • 虫食い

    虫食い

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。