【感染対策について】新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

松岡映丘(まつおかえいきゅう)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

松岡映丘
1881年 - 1938年
日本画掛軸買取

松岡映丘(まつおかえいきゅう)1881年–1938年

日本画掛軸

松岡映丘は、明治の末から昭和にかけて活躍した日本画家です。
日本画が変革の時を迎えようとしていた時代、あくまでも古典に立脚した世界観を創造することに精魂を傾け、平安・鎌倉期に描かれた絵巻物を深く研究し、さらには平安時代に確立された有識故実を学んで見識を深め、そのうえで古典的な絵画にモダニズムのエッセンスを加えた作品を生み出しました。 その作品は「新興やまと絵」と呼ばれており、高い価値を誇ります。

松岡映丘の詳細を見る

古典をもとに「新興やまと絵」を創出した日本画家

1881年、松岡映丘は兵庫県に生まれました。
医学や儒学、文学、はたまた民俗学といったさまざまな学問の分野で活躍する芸術家・学者を家族に持ち(兄のひとりは民俗学者の柳田國男)、その縁もあって幼少の頃から芸術や古典に触れて育ちます。

1899年、東京美術学校の日本画科に入学しますが、その前から絵は狩野派の流れをくむ橋本雅邦に手ほどきを受け、さらに絵巻物や有識故実の研究を進め、「新興やまと絵」の基礎を築いていました。 美術学校に入学後は教授の寺崎広業らに学びつつ、のちに新聞小説の挿絵画家として一世を風靡することになる梶田半古らとともに「歴史風俗画会」で活動します。 1904年、首席で卒業を果たした映丘は美術講師の職を選び、東京美術学校で教授を務めます。

そんな映丘が本格的に画家として活動を開始したのは1912年のこと。 『源氏物語』から題材をとった「宇治の宮の姫君たち」が文展で入選を果たします。 その後も、文展を中心にさまざまな作品を発表。 単なる古典主義ではなく、現代的な眼差しで事物を見つめた作品は高く評価されました。 1921年には、映丘の理論を実践するための新興大和絵会を結成。 10年後には解散してしまいますが、映丘はその10年間を有効に使いきりました。 研究に没頭し、絵巻物の解説書を著し、学識をさらに深めて絵画の研鑚を積みます。 その後、1930年代には帝国美術院、帝国芸術院の会員になるなど画壇の重鎮のひとりとして活躍しますが、1938年に死去。56歳で生涯を閉じました。

松岡映丘の代表作

  • 「右大臣実朝」

    1932年の作品で、鎌倉幕府第3代将軍・源実朝を描いています。
    秀麗な顔立ちの実朝が正装して牛車に乗り、憂愁を帯びた目でどこかを見つめています。 御家人たちの権力闘争によって殺伐としていた鎌倉時代、実朝は争いごとを好まず、和歌を愛する芸術家タイプの人物でした。しかし将軍であるがゆえに、彼もまた否応なく骨肉の争いに巻き込まれます。1219年1月27日、実朝は鶴岡八幡宮を拝賀のために訪れました。敵対勢力にそそのかされた甥の公暁が、彼を暗殺するために待ち受けているとも知らず……。 映丘は、知らぬ間に最期の日を迎えてしまった実朝の姿を、絵巻物の時代から続く伝統的な画風で描きました。しかしその表情には、どこか悲劇を予期しているかのような複雑な表情が浮かんでおり、現代的な風味が加えられています。

  • 「千草の丘」

    1926年の作品です。涼やかな秋の情景の中に、鮮やかな色合いの着物をまとった女性がほぼ等身大のサイズで描かれています。 女性のモデルになったのは、絶世の美女として絶大な人気を誇った新劇の女優、水谷八重子(初代)。空がゆっくりと暮れなずんでいく中、天地がきらめいて風景がくっきりと浮かび上がり、微笑する女性のたおやかな美しさを引き立たせます。
    その他、「伊香保の沼」「神宮親謁」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。