【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

北野恒富(きたのつねとみ)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

北野恒富
1880年 - 1947年
日本画掛軸買取

北野恒富(きたのつねとみ)1880年–1947年

日本画掛軸

北野恒富は、明治・大正・昭和にかけて活躍した日本画家です。
一貫して女性美を追求する美人画を描き、展覧会などに出品するかたわら酒造会社・菊正宗のポスターをデザインするなど、流行画家として活躍しました。女性を描く際は、外見的な美しさではなく彼女たちの内面で燃えている濃厚な情念をえぐり出すかのような妖艶で退廃的なムードを重視。そのために“画壇の悪魔派”との異名をとって人気を得ました。一方、後期に至って穏やかな画風に落ち着き、重厚感たっぷりの作品を生み出し、こちらも高く評価されています。現代においても、絵画のクオリティーやデザイナーとしての感覚は評価を得ており、作品は高い価値を誇ります。

北野恒富の詳細を見る

優美で妖艶な美人画を描いた明治・大正・昭和の流行画家

1880年、北野恒富は石川県で生まれました。
幼い頃から絵画に興味を持っていた恒富。少年時代から絵草子屋、浮世絵の下絵などの仕事をして絵画にかかわり、1898年に大阪に出て浮世絵師・稲野年垣の弟子となって日本画を学び始めます。 すぐに天性の才を発揮し、1901年からは大阪新報社に入社。専属の挿絵画家となって連載小説の挿絵を描くようになり、本格的な絵画制作をスタートさせます。 日々の仕事以外にも作品制作に励み、展覧会にも積極的に作品を発表。いずれも高い評価を得ます。

そして1912年に発表した「浴後」で“画壇の悪魔派”と呼ばれる作風が完成しました。浴衣をはだけて涼んでいる女性の肉体美を見事な筆致で描いた作品であり、以後は女性の内面に踏み込んで退廃的な情念をえぐり出す優美で妖艶な美人画を得意とするようになりました。 代表作の「鏡の前」「暖か」を含む作品群を次々に発表。評価を高め、画壇の重鎮となっていきます。

その後は美人画以外にもさまざまなジャンルの作品を手がけ、晩年には落ち着いたムードの格調高い作品も積極的に描くようになり、“悪魔派”とは別の顔も見せるようになります。 こうして大正・昭和の大阪画壇で大きな影響力を持つ画家として絵筆をふるい、後半生を送りました。

北野恒富の代表作

  • 「鏡の前」

    黒の和服をきっちりと身につけた女性が、鏡の前で髪を整える様子を描いた作品。
    鏡の中から覗き込んでいるかのような構図で、真正面から女性の姿をとらえているのが特徴です。 清楚な装いの女性が鏡の前で見せる無防備な姿を、どこか妖艶なムードで描きました。袖がまくれて二の腕まで見えそうなほどあらわになっている白い腕、そして赤い帯もまた効果的にムードを高めています。

  • 「暖か」

    赤い襦袢姿の女性が艶然と微笑みながらなまめかしい姿態を見せている、そんな姿を描いています。 妖艶を超えた退廃的なムードが濃厚に満ちた作品であり、清らかでありつつもどこか淫靡な女性美を描く恒富ならではのタッチが最高潮に達した傑作といえます。
    その他、「納涼美人図」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。