【感染対策について】新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

藤原啓の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

陶磁器買取

藤原啓(ふじわら・けい)1899年–1983年

藤原啓は、昭和期に活躍した陶芸家の1人です。 40歳を迎えてから陶芸家の道を歩み始めたものの、古備前の技法をベースにした近代的な作風で高い評価を獲得。1957年に岡山県指定の無形文化財保持者に認定されたほか、翌年には日本工芸会の理事に推挙されています。そして1970年、数々の功績が認められ、「備前焼」の技法で国指定の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。

その後も勲四等旭日章を受章し、備前市の名誉市民に選ばれた藤原啓。彼の作品は、窯変(焼成中に予期しない色、文様が生じること)を活かした作風が特徴として挙げられます。 また鎌倉時代の作風を追求し、素朴でありながらも重量感のある作品に仕上がっているのもポイントです。

藤原啓の詳細を見る

備前焼の発展に尽力した遅咲きの陶芸家

藤原啓は1899年、岡山県和気郡(現在の備前市)に農家の三男として生まれました。 幼い頃から文才に恵まれており、1915年には博文館が刊行していた雑誌『文章世界』に自作の短編小説を応募。見事に1等を獲得しました。 これを機に作家を志すようになった啓は上京後、博文館編集部に勤務し、『文章世界』の編集を担当するようになります。また、並行して作家活動にも力を入れており、『夕の哀しみ』『ハイネの訳詩集』といった詩集を出版しています。 しかし1930年、退職して本格的な作家活動を始めたものの、自身の実力に限界を感じ、ついには作家の道を断念することになりました。

そんな中、万葉学者・正宗敦夫から勧められ、陶芸家・三村梅景に師事します。 こうして40歳から作陶活動を始めた啓は1948年、金重陶陽、山本陶秀に次いで3人目となる備前焼の国指定技術保存資格者に認定され、本格的に陶芸家として歩み始めるようになります。 以降、金重陶陽や北大路魯山人などから指導を受けつつ、腕を磨いていった結果、古備前の技法を基盤にした独自の作風を生み出すことに成功します。 長い歴史を持つ備前焼の発展に携わり、1970年、人間国宝に認定されました。

略歴
1899年
岡山県の備前市にて誕生
1915年
文学の才があった藤原は博文館で短文を応募し、1等を得て更に詩にも着手する
1922年
詩集を出版後川端洋研究所にてデッサンを学ぶ
1930年
フリーの文筆家になる
1938年
岡山へ帰郷し陶工の三村より陶芸の指導を受け、備前市に窯を建てる
1941年
金重陶陽から指導を受ける
1948年
備前焼の技術保持者として認定を受け、作陶の道を歩むことを決める
1957年
岡山県の無形文化財保持者に認定される
1970年
国指定の重要無形文化財保持者に認定される
1983年
逝去

藤原啓の代表作

  • 「備前徳利」

    シンプルなデザインでありつつ、藤原啓の人柄を映し出したかのような温かみのある作品。 カセ胡麻(降りかかった灰の量が少なく、表面上に小粒の灰が付着した状態の焼肌)と、随所に浮かび上がった緋色の肌が織りなす、味わい深い造形が特徴です。

  • 「備前茶碗」

    素材である土本来の柔らかさを感じられる作品。 複数の茶碗を重ねて焼成していることから、露出していた部分と重なっていた部分の焼き上がり方に違いがあるのが特徴です。 これによって生じた色彩の違いが見事なコントラストを生み、趣のある味わい深い作品に仕上げています。
    その他、「備前壼」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。