【感染対策について】新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

辺寿民(へんじゅみん)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

辺寿民
1684年 - 1752年
中国掛軸買取

辺寿民(へんじゅみん)1684年–1752年

中国掛軸

辺寿民は、清代中期に活躍した江蘇省出身の画家です。
本名を維祺、字(あざな)を寿民、頤公といい、号を漸僧、葦間居士などと称しました。揚州で活躍した「揚州八怪」に数えられている金農、鄭燮をはじめ、多くの画家と交友関係を持っていたことでも知られています。 既存の枠組みにとらわれない斬新な筆致、溌墨を用いた独創的な画風を持ち味としており、主に花鳥画や山水画を描いたことで知られます。中でも芦雁を題材にした作品は秀逸で、「辺の芦雁」と称されるほどです。他にも数々の秀作を描き、清代中期の中国画壇に大きな影響を及ぼしました。

辺寿民の詳細を見る

“揚州八怪”に劣らない人気を誇った名画家

辺寿民は1684年、江蘇省山陽(現在の淮安市付近)に生まれました。 当時、芸術文化が進んでいた揚州を拠点にしていた画家は多く、特に優れていた人物たちは総称して「揚州八怪」と呼ばれました。 たとえば金農、鄭燮がそれに当たりますが、辺寿民はそんな彼らと交友関係を深めていたといいます。 「揚州八怪」の面々は自由奔放な筆致を得意とし、従来と異なる作風を見せたことで知られます。辺寿民もそれに近い作風を築き上げたことから、「揚州八怪」の影響を強く受けたのではないかと考えられます。

以降、着実に腕を磨いていった辺寿民は、「揚州八怪」に劣らないほどの作品をいくつも描きました。 その多くが花鳥画、山水画であり、中でも芦雁を描いた作品は高く評価されました。 また、立体的な表現に成功した独自の作風が話題を呼んだこともあり、辺寿民の名は揚州に広く知れ渡ることになります。 その活躍は「辺寿民も“揚州八怪”のひとりに含める」という見解が生まれるほどで、当時の中国画壇に大きな爪痕を残しました。

辺寿民の代表作

  • 「蘆雁画図」

    「辺の芦雁」を代表する、1732年に描かれた作品です。 描くにあたり、没骨法が用いられているのが特徴。 輪郭線を用いて被写体を描く鉤勒法に対して、没骨法は“面”で被写体を描く技法です。具体的には、輪郭線を用いず、支持材に落とした墨を広げて被写体を描きます。 これにより、奥行きのある立体的な作品に仕上げています。 現在は、北京故宮博物院に所蔵されています。
    その他、「蔬果花卉冊」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。