【感染対策について】新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

和田英作(わだえいさく)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

和田英作
1874年 - 1959年
洋画買取

和田英作(わだえいさく)1874年–1959年

洋画

和田英作は明治後期から昭和中期にかけて活躍した、鹿児島を代表する洋画家です。
外光派写実主義を掲げる有数の画家であり、国内はもちろん、芸術家の聖地・パリでも高い評価を獲得。パリ万国博覧会では、「渡頭の夕暮」で佳作賞を受賞しています。 黒田清輝、藤島武二に続く“第三の巨匠”として、日本近代洋画界を支えました。

そんな和田は写実力、デッサン力に優れており、モデルを忠実に描写した作品を多く手がけています。 特に好んで描いたとされる風景画からは、彼の活躍した明治期の情景が鮮明に見て取れます。 また、繊細な筆致と色彩により、穏健かつ優美な作品に仕上げられているのも大きな特徴です。

和田英作の詳細を見る

明治期の日本洋画界を支えた巨匠

和田英作は1874年、鹿児島県肝属郡垂水村(現・垂水市)に生まれました。
とはいえ4歳で上京しており、生涯のほとんどを東京で過ごします。 そんな和田が画家を目指すようになったのは1887年。 明治学院在学中、図画教師をしていた上杉熊松から洋画の基本を教わったのがきっかけです。 その後、内国勧業博覧会で目にした、著名画家たちの作品に強く感銘を受け、自身も本格的に洋画家を志すことを決意します。

明治学院を中退後、画塾を転々としつつ学びを深めた和田は1894年、天真道場に入門。ここの創設者であり、国内における外交派画家の第一人者でもある黒田清輝から直々に洋画を学びます。 その後、1900年に文部省留学生として渡仏。そこで黒田の師であるラファエル・コランと出会い、新たな描法を修学。パリ万国博覧会で「渡頭の夕暮」が佳作賞を受賞するなど、自身も外交派写実主義を代表する画家として活躍しました。 帰国後も留学経験を活かして数々の名作を手がけ、第5回内国勧業博覧会やセントルイス万国博覧会など、いくつもの博覧会に出品。晩年まで画家活動に励みました。

和田英作の代表作

  • 「渡頭の夕暮」

    パリ留学中に描いた作品であり、パリ万国博覧会における受賞作です。 夕日に染まる多摩川の畔で、穏やかなひとときを過ごす農夫とその家族が描かれています。 明治期の家庭の様子がよくわかる1枚であり、同時にどこか懐かしいような郷愁にかられる作品でもあります。

  • 「富士」

    和田は富士山をモチーフにした作品を多く描いており、本作品もそのひとつです。 山梨県富士吉田市から見える“東富士”が、持ち前の写実力で忠実に猫写されています。 パリ留学で培った西洋の技法を駆使しつつも、日本情緒あふれる1枚に仕上げられた傑作です。
    そのほか、「田園の夕暮れ」「薔薇」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。