岡田三郎助の作品買取なら日晃堂におまかせください。
確かな鑑定力により岡田三郎助の作品であれば買取に自信がございます!

TOP

岡田三郎助作品買取

岡田三郎助の生涯

岡田三郎助(おかださぶろうすけ)は、明治の末から昭和初期にかけて活動した日本の洋画家。 明るく美しい色調を基本とする“外光派”の作風に日本的な感覚を取り入れた洋画を生み出し、後進の指導にも熱心にあたり、日本の近代絵画の発展に大きく貢献しました。 また、絵画のみならず舞台美術や工芸の面でも活躍し、その多大なる功績から1937年には第1回文化勲章を受賞しています。


岡田は1869年、現在の佐賀県佐賀市にて、肥前佐賀藩の名家・石尾家に生を受けました。 幼くして上京し、身を寄せた旧佐賀藩主・鍋島氏の屋敷にて油彩画に触れ、西洋画に興味を持ちます。18歳で岡田家の養子になってからしばらくは法律などを学んでいましたが、画家を志して画塾に入門。洋画を学ぶため、洋画専修の大幸館でも絵の腕を磨きました。


画家として学びはじめてから7年が経過したころ、岡田の作風に大きな影響を与える出来事が起きます。 岡田と同郷の画家・久米桂一郎が、フランスで“外光派”の技術を身に着けてきたばかりの黒田清輝を紹介したのです。外光派はその当時、世界的には最先端の画派。文字通り、自然にあふれる外光の中で絵を描くというのが基本です。 伝統的な技法しか知らなかった岡田にとって、外光派との出会いは大きな衝撃となりました。 その縁から、黒田を筆頭とする外光派画家が指導する天真道場に入門してその技術を学びます。 また、外光派画家の活動により新しい画法を用いた西洋画が世間に認知され、東京美術学校(現東京藝術大学)に西洋画科が設置されることになったとき、岡田は西洋画科の助教授に就任しました。


岡田の絵への探究心はさらに増し、西洋画科の助教授になった翌年に文部留学生として渡仏。そこで黒田の師であった外光派画家ラファエル・コランに師事し、格調高い優美な作風を受け継ぎました。 5年間の修業ののちに帰国した岡田は、東京美術学校教授や文展審査員などを務めて後進を育成しながら、自身の創作活動にも力を入れて多くの作品を発表します。 特に、着物姿の女性を描いた作品を得意としました。 当時は裸婦像自体がセンセーショナルなものでしたが、官能的でありながらも日本らしく慎ましやかな上品さを持つ岡田の作品は世に広く受け入れられ、日本の近代絵画に新たな発展をもたらしたのです。


岡田三郎助の代表作と作風

代表作は『あやめの衣』。特殊切手の絵柄として使われている作品です。 背を向けた女性のあやめ柄の着物の片襟がはだけられ、女性の白く柔らかな肩の線が着物の色と好対照をなし、洗練された優美さを放っています。 西洋から吸収した技術と日本的な趣をマッチさせた珠玉の逸品です。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る