南薫造の作品買取なら日晃堂におまかせください。
確かな鑑定力により南薫造の作品であれば買取に自信がございます!

TOP

南薫造作品買取

南薫造の生涯

南薫造(みなみくんぞう)は、明治期から昭和期にかけて活躍した日本の画家。油絵や水彩画、木版画などさまざまな分野の絵を描いており、数々の展覧会で輝かしい功績を残しています。


南薫造は1883年、広島県賀茂郡内海町(現・呉市安浦町)に生まれました。 中学卒業後は上京して東京美術学校に入学し、数々の名作を手がける画家・岡田三郎助のもとで画家としての技術を磨いていきます。 そして1907年。東京美術学校を卒業した南は単身でイギリスに渡り、ボロー・ジョンソンに師事します。 また、留学中は白滝幾之助や有馬生馬など、同じく留学中の日本の画家たちと出会い、親睦を深めつつ切磋琢磨します。特に有馬生馬とは意気投合し、1910年に帰国したのち、「南薫造・有馬生馬滞欧記念絵画展覧会」を開催。大きな話題を呼びました。 また、南個人の活動として、この頃から自身の作品を展覧会に出品し始めるようになります。 1910年の白馬会では9点の水彩画を出品し、また1910~1912年の日本美術展覧会では3年連続で受賞しています。


そんな南は1913年、留学中に出会った白滝幾之助、そして洋画家であり版画家でもある石井柏亭たちと「日本水彩画会」を設立します。 また、1916年には日本美術展覧の審査員、1929年には帝国美術院の会員に選出され、故郷である広島の美術運動に特に貢献しました。さらに1932年からは教授としての活動も始め、東京美術学校で後世を担う若い画家たちを相手に教鞭をとります。 戦時中は故郷の広島に疎開。終戦後も懐かしい故郷にとどまりました。1950年に死去するまで旺盛に活動を続け、文展などに作品を出品し続けました。


南薫造の代表作と作風

南薫造は生前、水彩画や油絵を中心に多くの作品を描いています。その中でも代表作として知られているのが、1912年の日本美術展覧会に出品した油彩画『六月の日』です。 この作品の舞台はタイトルにもあるように6月のある日。日差しが照りつける中、喉を潤すために水を飲む農夫の姿が描かれています。 初夏の麦入れ作業のワンシーンを描いたものですが、その中心に立つ農夫の姿が全体の構図にマッチしておらず、そのアンバランスさが独特の味わいを感じさせます。 また、繊細な筆遣いと細部にまでこだわった着色が特徴的であり、写実性と装飾性を兼ね備えた個性的な作品でもあります。 このほかにも1910年の日本美術展覧会に出品した『坐せる女』をはじめ、『少女』や『ピアノの前の少女』など数々の名作を挙げることができます。 このような南の作品はいずれも気品があふれ、また優しく温かみのある色を使って描かれているという特徴があります。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る