小絲源太郎の作品買取なら日晃堂におまかせください。
確かな鑑定力により小絲源太郎の作品であれば買取に自信がございます!

TOP

小絲源太郎作品買取

小絲源太郎の生涯

小絲源太郎(こいとげんたろう)は、明治後期から昭和にかけて活動した、日本の洋画家。 当時の洋画家は海外に留学して絵の技術を学ぶのが主流でしたが、小絲は日本の油絵を追求するため国内に留まって製作を続け、繊密な独自の作風を作り上げました。 日展常務理事などとして日本画壇の発展に貢献した功績などが評価され、1965年には文化勲章を受章しています。


1965年の文化勲章授与からさかのぼること78年前の1887年、小絲源太郎は東京府東京市下谷区(現・東京都台東区)にある料理屋を営む両親のもとに生まれました。 17歳の頃に白馬会展に行き、藤島武二の作品を見て感動を覚えたのをきっかけに洋画家を志すようになります。翌年の春には白馬会駒込研究所にて藤島にデッサンを学び、そのかたわら彫金家で日本画家の海野美盛から塑像を学びました。 5年後、東京美術学校(現・東京藝術大学)金工科に入学。同年に文展初入選を決め、当時同学校の西洋画科教授であった黒田清輝に転科をすすめられます。 その助言に従い、金工科を卒業したのちに再度西洋画科に転入するも、糖尿病療養のため中退。 しかし創作活動を辞めることはなく、東京大正博覧会や文展に出品して賞や褒状を受け、画家としての才能をあらわしていきます。


美術学校を中退した翌年、友人に招かれた長崎でその風景に魅せられたことから風景画に没頭しはじめます。しばらくの間風景写生をするだけの旅に出て技術を磨き、帝展の連続入賞を果たしたことで「帝展無鑑査待遇」「光風会会員推挙」などの栄誉を受けました。


画壇で確かな評価を受けた小絲は、帝展審査員を務めると同時に金沢美術工芸大学教授や東京藝術大学教授として後進の育成にもあたります。その間も製作に熱心で、個展や画集なども展開しています。さらには日本芸術会員、日展常務理事を経て1965年、文化勲章を受賞しています。


小絲源太郎の代表作と作風

代表作は『嬋娟(せんけん)』。画家の目を通した世界を緻密に表現する印象派的な作風から、簡潔な描図と鮮烈な色彩に変化した時期の作品です。文展に出品され、日本政府が買い上げました。 文化遺産のひとつとして、現在は東京国立近代美術館に展示されています。

小絲は風景画を得意とし、長崎の風景に感動して以降、何度も写生を重ねて作り上げた緻密な描写力からは、小絲の生真面目な人柄も伝わってきます。 しかし、第二次世界大戦を境にして明快な筆致、鮮やかな色遣いに変化。日本画壇では作風を切り替えてから特に評価されるようになりました。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る