斉白石(サイハクセキ)の買取ならお任せください!
確かな鑑定力により斉白石の作品を買取いたします!

斉白石(サイハクセキ)の掛軸買取なら日晃堂にお任せください!真心を込めて買取いたします!

斉白石掛軸

斉白石(さいはくせき) 1864年-1957年


斉白石とは中国の清末から中華人民共和国の画家、書家、篆刻家です。
独特な画風は近代中国芸術の旧習を打破し、新風を吹き込んだことで現代「中国画の巨匠」といわれています。


斉白石の作品は、草花、虫、蝦などを緻密かつ大胆に描き、独自の画風で世界的に評価を受けており、中国掛軸の中で最も人気の高い作家の一人です。 老いを感じさせない力強さのある斉白石の作品は日本でいえば横山大観、海外ではピカソやゴッホ達と並んで称賛される程です。 90歳を過ぎても一年間で600点もの作品を描くなど、非凡な才能を大いに発揮している斉白石ですが、生涯で様々な苦労を経験しています。




斉白石の歴史

斉白石は湖南省湘潭県杏子塢星斗塘の貧農の家庭に生まれました。
幼いころから絵を書くことが好きだった斉白石は、放牧の手伝いや、学業の傍らに独学で絵を描いて過ごしていたといわれています。
体が病弱だった斉白石は農作業をすることが困難であったため、12歳の時に大工見習になり、一年後に家具職人になり10年ほど大工として生活しました。
当時の斉白石のつくる家具は、流石というべく精巧な細工が施されていて、その並外れた技術が全郷に知れ渡り、非常に評判が良かったといわれています。
そして、家事を作る傍らにも肖像画を習い、美人画も書いていました。

27歳になった頃、斉白石はようやく画家としての人生を歩み始めます。

大工をやめて当時有名だった画家に弟子入りし、本格的に花鳥画や鳥獣画などの画の勉強を始めました。
詩文や山水画も学び、30歳になると書法や篆刻も独学し、文人的な資質を培ったと伝えられています。

40歳以降では7年に渡り中国全土を5回も旅をしました。
数々の素晴らしい名山や大河を堪能すると同時に、過去の有名な画などを研究し、芸術的な視野を広げていきました。

その後の斉白石は10年間故郷で、詩書画印の制作に没頭し、数々の大作を生み出しました。
そんな中、故郷で戦争が起き、それを避けるため55歳で北京に移り住むことになりました。当時の北京は文人的素養を第一とするような保守的な風潮が強く、農民出身で大工をしていた斉白石は白眼視され辛い時代を過ごすことになったといわれています。

ですが、斉白石の才能が日本に留学経験のある有名な画家の目にとまり日本への出典など様々な支援を受けることができ、この出来事が国際的評価うを高めた要因ともいえます。
その後、斉白石は中国絵画界で不動の地位を築き、京師四大画家と称されることとなりました。
晩年には中国共産党より人民芸術家の称号を与えられ、56年に国際平和賞を受賞し 名実ともに中国を代表する芸術家になったのでした。

そして最後まで作品を描き続け、95歳で生涯を終えました。

※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの掛け軸がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
【ラ行】
骨董品のことならお気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~20:00

メール査定

24時間受付

トップへ戻る