松井康成の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

陶磁器買取

松井康成について

1927年に長野県にて誕生。松井康成は連上手と呼ばれる難度の高い技法を高いレベルで自在に操り、優れた完成度で作陶する陶工です。江戸時代末期以来、陶器を焼成する寺院として知られる月崇寺にて住職を務める人物でもありました。

練上の技法のみで作陶の活動を展開してきた松井の作品は、斬新な文様構成もあって早い時期から注目を集めていました。その類稀なる作陶技術は当然ながら数々の賞を受賞しており、国指定の重要無形文化財保持者としても認定されています。 8世紀の唐の時代が起源とされる練上は2種以上の異なる土を積み重ねたり練り合わせることを基本とします。しかし、違う土は焼成する際縮小率が違うため破損しやすいのです。しかし松井は土の性質を理解し、轆轤の技法を工夫することにより、未踏の地へと到達したのです。多彩な色使いと複雑な文様の造りは松井の作陶ならではと言えます。

略歴
1927年
長野県にて誕生
1960年
茨城県笠間市に築窯。日本のみならず中国、朝鮮の古陶磁の研究をし、写しを制作
1967年
田村耕一に師事
1969年
日本伝統工芸展にて初の入選を果たす
1993年
国指定の重要無形文化財保持者に認定される
2003年
逝去

松井康成の代表作

  • 練上嘯裂壺

    松井の代名詞とも言える嘯裂は何と言ってもその見た目にインパクトのある作品。釉の色など松井は複雑な魅力を引き出すことに長けていた

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
信東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。

トップへ戻る