富本憲吉の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

陶磁器買取

富本憲吉(とみもと・けんきち)1886年–1963年

富本憲吉は明治期から昭和期にかけて活躍した陶芸家であり、“近代陶芸の巨匠”と称される人物です。 生涯を通して作陶活動に励む傍ら、東京美術学校や京都市立美術大学で教授を務め、後進の育成にも尽力しました。 こうした活動は日本の陶芸界に多大な影響を及ぼしており、その輝かしい功績から重要無形文化財「色絵磁器」の保持者(人間国宝)に認定されたほか、文化勲章を受章しています。

そんな憲吉は色絵磁器(色絵具で上絵が描かれた磁器)を確立させ、従来にない独創的な作品を数多く生み出しました。その作風は現代においても未だ異彩を放っており、当時から変わることなく、多くのファンを魅了し続けています。

富本憲吉の詳細を見る

色絵磁器の分野で独創的な作品を作り続けた陶芸界の巨匠

富本憲吉は1886年、現在の奈良県生駒郡安堵町で地主の家に生まれました。 1912年、イギリスの陶芸家であるバーナード・リーチの影響を受け、陶芸家を志すことを決意。故郷に自窯を築き、本格的に作陶を始めます。

憲吉は国内各地の窯場、さらには朝鮮半島にも足を運び、独学で腕を磨いていきました。 この頃から、すでに独創的な白磁を創作していたといいます。 その後、1926年に拠点を東京に移し、ここで本格的に色絵磁器の研究に取りかかり始めました。 このとき、忠実に写生した野花のスケッチを大鉢や大皿に絵付することを繰り返しており、これによってのちに憲吉のトレードマークとなる「四弁花模様」が誕生します。 このような独自のデザインが世間の注目を集め、1927年の特別展で高い評価を得ました。

その後も憲吉は色絵磁器の研究に励み、やがて「金銀彩(色絵と金銀を同時に焼き付ける技法)」を完成させます。この金銀彩によって描かれた羊歯模様は、今でも憲吉を代表するデザイン様式のひとつとして知られています。 こうして既存の作品とはまったく異なる、独自の作品を多く生み出した憲吉は、1955年に「色絵磁器」の重要無形文化財保持者に認定されました。 その後、1961年に文化勲章を受章したものの、その2年後、肺癌により帰らぬ人となりました。

略歴
1886年
奈良県安堵村東安堵にて長男として誕生
1893年
祖父の友人の日本画家に7歳にして日本画を教わる
1895年
父からやきものの話を聞き、やきものに興味を持つ
1903年
法隆寺壁画模写で展覧会に出展し入選
1904年
反対を押し切り美術学校図案科に入学
1911年
バーナードリーチと親交を結ぶ
1913年
楽焼の窯を作り作陶を始める
1915年
この頃より陶芸の道を歩むことに決め、住居工房と本窯を建てる
1919年
独自の白磁壺を初めて製作し、色絵と金彩も試みる
1951年
羊歯の連続模様を完成させ、金銀彩の同時焼成にも成功する
1955年
国指定の重要無形文化財保持者に認定
1963年
逝去

富本憲吉の代表作

  • 「色絵唐花草文八角皿」

    唐花草をモチーフにした色鮮やかな作品。 色絵の色彩が絶妙なバランスを保っており、華やかでありながらも上品さを感じさせます。 また、忠実に描かれた唐花草も見どころのひとつ。憲吉の高度な写実力が伺えます。

  • 「色絵金銀彩徳利」

    全面に細かく描かれた羊歯の葉が特徴的な作品です。 一見するとどれも単調なひし形に思える羊歯の葉ですが、1枚1枚に特徴、違いがあります。 本作品ではその些細な違いさえも細かく描き分けられており、これまた憲吉の高い写実力と徹底したこだわりが伺えます。

    その他、「楽焼草花模様蓋付壺」「色絵スベリヒユ模様大皿」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。

トップへ戻る