富本憲吉の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

陶磁器買取

富本憲吉について

富本憲吉

富本憲吉は奈良県生駒郡安堵村にて誕生しました。日本の現代陶磁器の先駆者と呼ばれている富本は数々の著者によって執筆され、また、非常に多くの陶工達と関わりを持っていた人物です。そんな富本自身も先駆けとしての自覚はあったとされており、自己の思想や陶芸感や技法などありとあらゆるものを書き記して残しました。富本は左利きだったもののそれを矯正するために書をやり、最初は嫌々だったものの祖母に嗜められて絵筆を握るなど実に芸に富んだ幼少を過ごしました。小学校へ上がるとすぐに蘭や竹などの描法を習った富本ですが、この頃からの習い事により巧みな技法を使う基礎が出来上がったとされています。

金銀彩という技法を確立させたのも富本です。金銀彩は大和時代から試みられていましたが、同時に焼き付ける手法は富本が確立させるまでありませんでした。研究を重ねて金銀彩をものにした富本色絵磁器は四辨花文や羊歯文を主とし、あるいはそれに文字をあしらった「複式模様」を誇らかに顕現させるようになりました。 1955年に色絵時期の重要無形文化財保持者に認定されています。

略歴
1886年
奈良県安堵村東安堵にて長男として誕生
1893年
祖父の友人の日本画家に7歳にして日本画を教わる
1895年
父からやきものの話を聞き、やきものに興味を持つ
1903年
法隆寺壁画模写で展覧会に出展し入選
1904年
反対を押し切り美術学校図案科に入学
1911年
バーナードリーチと親交を結ぶ
1913年
楽焼の窯を作り作陶を始める
1915年
この頃より陶芸の道を歩むことに決め、住居工房と本窯を建てる
1919年
独自の白磁壺を初めて製作し、色絵と金彩も試みる
1951年
羊歯の連続模様を完成させ、金銀彩の同時焼成にも成功する
1955年
国指定の重要無形文化財保持者に認定
1963年
逝去

富本憲吉の代表作

  • 色繪金銀彩徳利

    富本が独自で生み出した羊歯の紋様が金と銀によって鮮やかに描かれた秀作

  • 白磁小壷

    一見しただけでも分かる均衡がとれた美しさを持つ白磁は、富本らしく細部にまで神経が注がれている

  • 色繪赤地金銀彩煎茶碗

    薄造りでできた赤地の茶碗に金と銀のきめ細かい文様が入っており、富本らしい作品のひとつ

骨董品に関することなら
お気軽にお問合せください。
【出張・宅配買取の申込み】【無料査定依頼】【その他ご相談】など、骨董品に関することであれば、どのようなことでもお気軽にお電話、またはメールでお問合せください。
急ぎの方はお電話で

受付時間9:00~20:00(年中無休 年末年始除く)

※電話番号を押すと電話をかけることができます。

お気軽にメールでお申込み(24時間受付)
初めてのお客様買取10%アップ

ご都合に合わせて選べる買取方法

骨董品買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
信東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。

トップへ戻る