藤原啓の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

陶磁器買取

藤原啓について

藤原啓

藤原啓は日本を代表とする備前焼陶芸家のうちの一人です。藤原は初めから陶芸の道を歩んでいたわけではなく、少年期から俳句や小説の才能を持っていた藤原は作家の道を歩もうとしていました。

博文館が手掛ける文学世界に応募した短編で1等を獲得するなどの経歴を持ちます。文学世界に勤務後編集も行い、詩集「夕の哀しみ」などを出版するも文学に対して限界を感じ精神衰弱するまでに至りました。その後帰郷し、敦夫の勧めで三村梅景に師事をして備前陶芸の道を歩むことになります。遅いスタートではあったものの、備前陶工の中では啓さんと呼び親しまれ、金重陶陽や北大路魯山人からも指導を受けました。1970年には備前焼の重要無形文化財の保持者に認定されており、藤原啓記念館には数々の古備前などの作品が展示されています。

略歴
1899年
岡山県の備前市にて誕生
1915年
文学の才があった藤原は博文館で短文を応募し、1等を得て更に詩にも着手する
1922年
詩集を出版後川端洋研究所にてデッサンを学ぶ
1930年
フリーの文筆家になる
1938年
岡山へ帰郷し陶工の三村より陶芸の指導を受け、備前市に窯を建てる
1941年
金重陶陽から指導を受ける
1948年
備前焼の技術保持者として認定を受け、作陶の道を歩むことを決める
1957年
岡山県の無形文化財保持者に認定される
1970年
国指定の重要無形文化財保持者に認定される
1983年
逝去

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
信東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。

トップへ戻る