【感染対策について】新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

藤本能道の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

陶磁器買取

藤本能道(ふじもと・よしみち)1919年–1992年

藤本能道は、主に昭和期に活躍した陶芸家の1人です。
本焼きの前に着彩するという独自の制作方法を確立させ、色絵磁器の分野で国指定の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された人物でもあります。 また、従来の常識にとらわれることなく、自分なりの新たなやり方を模索し、実践し続けたことも大きな特徴のひとつです。

そんな能道の作品は、花鳥をモチーフにした緻密な色絵を描いた作品が多く見られます。
いずれの色絵も、立体的な磁器に描いたものとは思えないほどに繊細で、なおかつ高い写実力を見せているのが特徴です。 また、細かい部分まで塗り分けられた鮮やかな色彩も見事で、現代においても多くの陶芸愛好家から高い評価を得ています。

藤本能道の詳細を見る

新たな技法で鮮やか作品の数々を生み出した人間国宝

藤本能道は1919年、東京府南豊島郡大久保村(現在の東京都新宿区)に生まれました。
1931年、反対する父を説得し、東京美術学校工芸科図案部に入学。卒業後は文部省から新設された技術講習所に入所し、本格的に陶芸家を志すようになります。 ここで能道は、当時講師を務めていた加藤土師萌、富本憲吉に師事。作陶の基礎を学んでいきました。

名だたる陶芸家たちのもとで腕を磨き、色絵磁器の技法を習得していった能道は、生まれながらの才能も相まって輝かしい功績を挙げていきます。 光風会展や国画会展、日展など、国内で開かれた展覧会はもちろんのこと、ヴァロリス国際陶芸展やジュネーブ国際陶芸展など、海外で開催された展覧会でも名誉ある賞を受賞しました。

その後も研究を続けた能道は、本焼きの工程に入る前に着彩するという独自の技法を確立。よりいっそうの注目を集めました。
その結果、これまでに挙げた功績の数々も踏まえたうえで、1986年に重要無形文化財「色絵磁器」の保持者に認定される運びとなりました。 1992年、73歳で惜しくもこの世を去ることになりましたが、現代陶芸を代表する作家の1人として、今もなおその名が語り継がれています。

略歴
1919年
東京都の大久保村(現在の東京都新宿区)にて誕生
1941年
東京美術大学の図案部を卒業後、加藤土師萌に師事し、陶芸の技術を学び始める。
1944年
富本憲吉の助手を務める
1956年
日本陶磁協会賞を受賞
1986年
重要無形文化財保持者に認定
1992年
逝去

藤本能道の代表作

  • 「柿釉窓抜花鳥文八角面取壺」

    その名のとおり、八角に面取りされた作品。
    口の部分から掛け流された柿釉で見事に木の枝を表現しつつ、そこに咲く鮮やかな花、とまる鳥の姿が緻密に描かれています。 細かな色分け、濃淡を駆使して忠実に写生された色絵からは、まさに人間国宝だからこその高い技量が伺えます。

  • 「赤絵ぐい呑み」

    美しい白地に鮮やかな色彩の花紋が描かれた作品。 凹凸のある立体的な磁器に描かれた、彩り豊かな色絵が最大の見どころ。一見するとシンプルな作品に見えますが、その随所に職人の技が詰まった至極の逸品です。

    その他、「雪白釉色絵山帰来鶉図六角大筥」などが代表作として知られています。

日晃堂でお買取した陶磁器を一部ご紹介いたします!

  • 藤本能道 色絵木蓮文徳利 木蓮文ぐい呑

    出張買取

    藤本能道 色絵木蓮文徳利 木蓮文ぐい呑

    熊本県天草市 70代女性

    熊本県天草市にお住いの方より、人間国宝である藤本能道の作品、色絵木蓮文徳利と木蓮文ぐい呑の酒器セットをお買取りさせていただきました。保管時の汚れは見受けられるものの、使用されてないとの事で今まで使用された形跡もなく状態のいいお品物でした。そのためしっかりと価格を付けさせていただきました。この度は日晃堂を利用して頂き誠にありがとうございました。

→
←

お客様の声

  • 藤本能道 色絵小文陶筥
    出張買取|宮城県東松島市 50代男性

    実家が骨董店を営んでいたのですが、すこし前に父が他界してしまい、母も足を悪くしてしまったため経営できなくなりました。そのため店をたたむことになり、いくつかの業者で相見積もりをお願いししました。その中でも日晃堂の買取価格がよく、なによりとても対応がよかったためこちらに買取をお願いすることにしました。

  • 藤本能道 色絵小禽図ほゝ白扁壷
    出張買取|長野県伊那市 70代男性

    ずっと大事にしていた骨董品だったのですが、身辺整理をしようと思い売ることに決めました。日晃堂の方に出張買取に来て頂いたのですが、思い入れある品々の話を親身になって聞いていただき、本当に嬉しかったです。この査定員さんなら安心して任せられると思い、手放すことができました。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。