【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

葉恭綽(ようきょうしゃく)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

葉恭綽
1881年 - 1968年
中国掛軸買取

葉恭綽(ようきょうしゃく)1881年–1968年

中国掛軸

葉恭綽は、広東省出身の書画家です。
字は裕甫、誉虎。晩年は遐庵の号を名乗っています。中華民国から中華人民共和国へと移り変わる激動の時代に、書家として、また政治家としても活躍しました。 郵伝部承政庁庁長、鉄路総局代理局長といった役職に就いたのち、1912年、北京政府の交通部路政司司長および鉄路総局局長を務めました。以後、“交通系の政治家”として知られるようになります。 その一方で、中年以降は芸術活動にも力を注いでいます。 芸術に精通していた祖父、父の影響もあり、幼い頃から才に恵まれていた恭綽。生前は書画を中心に数々の名作を生み出しており、中国のみならず日本でも未だ衰えることなく高い評価を得ています。 特にその書は恭綽の人柄を表したかのような端正で優美な仕上がりになっており、高い価値を持ちます。

葉恭綽の詳細を見る

20世紀の中国芸術界を支えた巨匠

1881年、広東省に生まれた葉恭綽は、芸術に精通していた祖父や父の影響もあり、若くから芸術の才に恵まれた人物でした。
その一方で、実生活では政治の分野にも才能を発揮します。 若年期は郵伝部に身を置き、郵伝部承政庁庁長や鉄路総局代理局長、交通部鉄路政司司長、鉄路総局局長など、さまざまな役職を歴任。“交通系の政治家”として注目を集めました。

1930年代半ばからは文物の保護活動に従事するようになり、国学館館長や全国経済委員会委員などに任命されています。1939年から1950年にかけては香港に移って中国文化協進会の設立に携わり、この地で文物の収集・整理を行っています。 また、自身が手がけた作品を発表したり、長年かけて集めた絵画、古典などのコレクションを関連機関に寄付したりと、精力的な活動も見せました。 こうして述べ50年以上にわたる長い歳月を芸術運動に捧げ、20世紀の中国画壇および中国書法界を牽引する巨匠として活躍。1968年、87歳でこの世を去りました。

葉恭綽の代表作

  • 「跋顏真卿竹山堂連句」

    唐代中国の書家・顔真卿の「竹山堂連句」の跋文として書かれた作品です。
    顔真卿の優美な書風になじむ、葉恭綽らしい謹直さがあらわれた端正な行書体を堪能できます。 現在、中国北京の故宮博物院に所蔵されています。

  • 「葉恭綽題跋柯九思《老人星賦》」

    こちらは、元代中国に詩人・書家として活躍した柯九思の作品の跋文として書かれたものです。 いささかの緩みもない、葉恭綽ならではの美しい行書体を見ることができます。 現在は中国北京の栄宝斎に所蔵されています。
    その他、葉恭綽の業績は『葉恭綽書画選集』などに見ることができます。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。