【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

山本梅逸(やまもとばいいつ)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

山本梅逸
1783年 - 1856年
日本画掛軸買取

山本梅逸(やまもとばいいつ)1783年–1856年

日本画掛軸

山本梅逸は江戸時代後期に活躍した日本画家であり、南画の大家としても知られる人物です。
特に花鳥画を得意としており、繊細でありながらも大胆な筆致、卓越した高度な技術はまさに秀逸。現代においても他の追随を許さないほどにレベルの高い作品を数多く手掛け、国内はもちろん、海外からも多大な評価を得ています。

山本梅逸の詳細を見る

天性の才能を持つ花鳥画の名手

山本梅逸は1783年、名古屋で彫刻師・山本有右衛門の子として生まれました。
13歳の時に父が他界したことで困窮を極めるものの、教育熱心な母から和歌の手解きを受けていたといいます。 そんな山本は幼少期から絵を好んでおり、本格的に絵画を学ぶべく、地元で絵師をしていた山本蘭亭に師事します。その後、優れた画才を師に見出され、文人画家・張月樵のもとで絵を学びました。 こうして腕を磨いていった山本は、古書画の収蔵家として知られる豪商・神谷天遊に指導を受けつつ、中国古画の臨書を許可されます。このときの作品はすでにレベルが極めて高く、周囲を驚かせたといいます。

その後、神谷のもとで出会った生涯の盟友・中林竹洞とともに京都に赴き、明清の古画を臨書したり、明末の文人・楊文聡の山水画を購入したりと意欲的に活動します。 そんな中、父の危篤を聞いて一時は帰郷するものの、1832年にふたたび京都を訪れ、そのまま京都で画家としての知名度を上げました。 後期は北陸や四国など全国各地を旅しつつ、幅広い分野で活躍。1854年には尾張藩御用達の絵師として確固たる地位を確立するものの、1856年、74歳でこの世を去りました。

山本梅逸の代表作

  • 「四季花鳥図屏風」

    1847年に描かれ、現在は愛知県指定文化財に選ばれている作品です。 前景に描いた岩や木々の量感を細かく調節し、強調することで、後景の空白部分に目がいきやすい構図に仕上がっています。これによって奥行きのある作品を描き出すことに成功しました。 また、色の数を極力減らすことで、より構図に意識が向きやすいように調節されている点もポイントです。

  • 「畳泉密竹図」

    重要美術品に指定されている作品です。 密生する竹林の間を流れ落ちる沢の様子が描かれています。柔和で繊細な筆致で描かれているほか、 陰影やその濃淡を巧みに駆使することで、見事に奥行きのある空間が表現されています。 その洗練された構図、描法から、山本の絶頂期とされる弘化あるいは嘉永頃の作品と思われます。
    そのほか、「八松双鷹図」「花卉草虫図」などが代表作として挙げられます。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。