【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

渡辺崋山(わたなべかざん)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

渡辺崋山
1793年 - 1841年
日本画掛軸買取

渡辺崋山(わたなべかざん)1793年–1841年

日本画掛軸

渡辺崋山は江戸時代後期の武士で、田原藩の重臣(家老)を務めました。
徳川幕府による大規模な言論弾圧「蛮社の獄」で非業の死を遂げた思想家として語られることが多い人物ですが、画家としてもその名を知られており、優れた作品の数々が残されています。中国伝来の山水画や風景画、また西洋画の写実表現を参考にした風俗画、人物画などを描いています。

渡辺崋山の詳細を見る

西洋に憧れつつ武士の誇りを忘れなかった日本画家

1793年、渡辺崋山は現在の東京都で生まれました。
渡辺家は現在の愛知県田原市に領地を持っていた田原藩の藩士であり、江戸屋敷に勤めていました。上級藩士の家系でしたが、父の定通が養子だったことが理由で俸禄が極端に削られ、藩の財政難もあって貧困生活を余儀なくされます。 そんな中で育った崋山は、若いうちから得意の絵を売って生活費を稼ぎ、家計を助けます。 のちに江戸で活躍していた画家・谷文晁に弟子入りして本格的に学び、優れた才能を発揮しました。

1825年、崋山は渡辺家を継いで正式な田原藩士となります。 この頃には削られていた家禄が元に戻り、画家として著名だったこともあってゆとりのある生活ができるようになりました。本人としては、このまま一介の藩士として藩に仕えながら画家として生きていきたかったようですが、藩はそれを許しませんでした。 幼少期に藩主の近くに仕えていた縁もあり、1832年には重臣である家老職に就きます。 以後は暇を見て画家生活を送りつつも、藩政改革を推進するなど有能な政治家として活躍しました。

しかし1838年に勃発した「モリソン号事件」がきっかけで、崋山の人生が一変します。 横須賀の浦賀沖を航行していたアメリカの商船・モリソン号に対して、浦賀奉行が砲撃を指示。日本人の漂流民を送り届けようとしていただけだったにも関わらず、有無を言わさず砲撃を加えたという野蛮な事件であり、開国思想を持つ人々に衝撃を与えました。ひそかに開国思想を持っていた崋山はこの事件に憤慨し、徳川幕府を痛烈に批判した文書『慎機論』を書きます。

以前から「実は開国論者では?」と目をつけられていた崋山は1839年、ほかのさまざまな思想家たちと同じく幕府による家宅捜索を受け、『慎機論』が発見されたことで失脚。家老の職を解かれ、田原の地で蟄居謹慎の身となりました。 極貧生活の中、弟子たちの計らいで書画を売って生活するようになりますが、1841年にこれが幕府の耳に入り、「武士のくせにけしからん」という声が上がります。これを受け、崋山は武士として藩に迷惑が及ぶことを潔しとせず、田原の地でひとり切腹して果て、その生涯を閉じました。

渡辺崋山の代表作

  • 「月下鳴機図」

    月が明るく山水を照らす静かな夜、1軒の家で仕事に励む人たちの姿が見られます。緻密な描写で表現された美しい風景の中に、機織り機を操る人や渡り廊下を歩く人の姿がこまやかに描かれています。 現在は重要美術品に指定されており、静嘉堂文庫美術館に所蔵されています。

  • 「一掃百態図」

    こちらは、『一掃百態』と題する書物に描かれた挿絵です。
    『一掃百態』は、鎌倉時代から現在(江戸時代)までの庶民や武士の暮らしぶりを描いた風俗画に解説文を載せたものであり、崋山は西洋画から吸収した写実的な表現を駆使しています。 特に、寺子屋の情景を描いた挿絵が有名です。勉強を放り出して遊び始める子どもたちの姿が生き生きと表現されており、江戸時代における風俗画の代表的な作品のひとつとされています。 その他、「渡辺巴洲像画稿」「日月大黒天図」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。