【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

長谷川利行(はせがわとしゆき)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

長谷川利行
1891年 - 1940年
洋画買取

長谷川利行(はせがわとしゆき)1891年–1940年

洋画

長谷川利行は、主に大正から昭和にかけて活動したとされている洋画家です。
生涯を通して誰にも師事することなく、また個人のアトリエを持たずに活動するという独自のスタンスを貫き通したことから、“異色の洋画家”とも呼ばれます。 一般には1891年7月生まれだといわれていますが、生年月日については明らかになっていません。また、それ以外の部分でも不明確な点が多く、謎のベールに包まれた画家ともいえます。

そんな長谷川は、モダン調の風景画や温かみを感じさせる人物画など、明るく華やかな作品を多く手がけました。 また、独学で絵を描き続けたことから、当時の常識にとらわれない自由奔放な作風が見られるのも特徴です。長谷川独自の視点、技法で描かれるからこそ、徐々に画家としての評価を高めていったのでしょう。

長谷川利行の詳細を見る

激動の人生を過ごした孤高の画家

長谷川利行は京都出身の洋画家ですが、はじめから絵描きに専念していたわけではありません。
30歳前後までは詩歌の創作に力を入れており、歌人を志していたとされています。 現に、1919年には歌集『長谷川木葦集』を発行しており、また1921年に上京した際にも小説を手がけていたことがわかっています。

そんな中で画家に転身した経緯は不明ですが、生涯独学で絵を描いていたことは確かです。 また、「思い立ったとき、好きなタイミングで絵を描く」という信念のもとに不屈の精神で画家活動を行っており、1920年、苦難の末に「田端変電所」で第1回新光洋画会展への初入選を遂げました。 以後、数々の芸術家たちと交流を深めつつ、作風に磨きをかけていった長谷川は、1927年開催の第14回二科展で樗牛賞を受賞するなど、目覚ましい活躍を見せます。

こうして画家としての名声を上げていった長谷川でしたが、その私生活は決して褒められるものではありませんでした。 日常的に過度の飲酒を繰り返し、また友人から借金をすることも多々あったといいます。 そして1940年、不摂生な生活が仇となり胃がんを発病。そのまま息を引き取りました。

長谷川利行の代表作

  • 「水泳場」

    赤を基調とした華やかな作品で、建造物やそれを取り巻く人混みの様子が描かれています。 その活気あふれる構図、明るい配色により、静止画ながらも賑やかな雰囲気が伝わってくるかのような印象を受けます。

  • 「青布の裸婦」

    仰向けになって寝そべる裸婦の姿を、黄色を基調とした色彩で描いた1937年の作品。 長谷川の波乱万丈な人生とは対照的に、優雅で落ち着きのある構図が印象的です。
    そのほか、「カフェ・パウリスタ」「白い背景の人物」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。