【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

杉本健吉(すぎもとけんきち)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

杉本健吉
1905年 - 2004年
洋画買取

杉本健吉(すぎもとけんきち)1905年–2004年

洋画

杉本健吉は、明治後期から平成にかけて活躍した洋画家であり、イラストレーター、グラフィックデザイナーでもあります。
シンプルで柔らかな線を用いて描くことを得意としており、肩の力が抜けた独特な画風の作品を多数生み出しました。これについて、本人は「自然と戯れているうちに絵ができた」と述べています。 現在、杉本の作品のみを展示した「杉本美術館」が愛知県知多郡美浜町美浜縁苑に設けられており、ここでのびのびとした独特な世界観に浸ることができます。 また、挿絵画家として活躍した経歴もあり、吉川英治の『新・平家物語』をはじめ、数々の著作の挿絵を担当したことでも有名です。

杉本健吉の詳細を見る

趣ある古都・奈良の風景を巧みに表現した洋画家

杉本健吉は1905年、愛知県名古屋市に生まれました。
幼い頃から絵を好んでおり、旧制愛知県立工業学校(現・愛知県立愛知工業高等学校)図案科を卒業したのち、洋画家・岸田劉生に師事します。 しかし、絵画だけでは生計を立てることがかなわず、日中はグラフィックデザイナーとして企業のポスター制作などに励みました。

それから3年後の1926年、グラフィックデザイナーとして働く傍らで描いた作品が公募展で初入選。日本画壇デビューを果たします。 この出来事により、日本中から若手画家として注目を浴びるようになった杉本は、44歳まで画家とグラフィックデザイナーを両立して多忙な日々を送りました。 しかし、このままでは本当に自分がしたいことをできないと考え、奈良に転居することを決意。以後、東大寺観音院の古い土蔵をアトリエにして、絵描きに専念します。

この頃から杉本の作風は一転し、これまでに溜め込んだものをすべて放出したかのような気迫あふれる作品を多く生み出します。 こうしてさらに世間から高い評価を得た杉本は、やがて国画会に入り、また文展や日展で数々の賞を受賞。65歳まで輝かしい活躍を見せました。 とはいえ、66歳で画壇から引退したあとも個人では創作活動を続けており、99歳でこの世を去るまで、長く画業に専念し続けました。

杉本健吉の代表作

  • 「大和風景」

    透明感のある柔らかな筆致で、うららかな大和(奈良)の風景を描いた作品です。 みずみずしい田んぼ、軽やかな瓦屋根、爽やかな林の無効でのびのびと天を指す尖塔など、涼しげな心地よいワンシーンが表現されています。

  • 「博物館彫刻室」

    奈良帝室博物館内のワンショットを描いた、杉本健吉の代表作のひとつ。 展示室に飾られた展示ケースを題材にした珍しい作品であり、1946年開催の日展で特選に選ばれました。
    そのほか、「花」「秋郊」「博物館中央」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。