【感染対策について】新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

北大路魯山人の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

陶磁器買取

北大路魯山人(きたおおじ・ろさんじん)1883年–1959年

北大路魯山人(本名:房次郎)は、明治期から昭和期の陶芸界を牽引した芸術家の1人です。
陶芸活動を主としつつ、その一方で書や絵画、料理など、幅広い分野で活躍しました。 陶磁器だけでもその作品数は実に何十万点にも及ぶとされており、他の芸術家に比べても類を見ない驚異的な数の秀作を残しています。 また、「芸術家に位階勲等は不要」という確固たるポリシーを貫いており、二度にわたって国指定の重要無形文化財保持者(人間国宝)認定の申し出を断った、というエピソードも有名です。
そんな魯山人は生前、ヨーロッパ各地で個展を開いており、世界的にも高い評価を得ています。その人気は今もなお衰えることなく、多くのコレクターを魅了しています。

北大路魯山人の詳細を見る

書家や美食家としての一面も持つ陶芸家

北大路魯山人は1883年、京都府愛宕郡上賀茂村(現在の京都市北区)にある上賀茂神社の社家に生まれました。父の自殺や母の失踪などが相次ぎ、波乱の幼少期を過ごします。

そんな魯山人は同時に幼い頃から芸術の才に恵まれており、10代の頃は書の懸賞で稼いでいました。 その後、20歳を迎える年に上京し、書家を志すようになります。翌年には弱冠21歳で日本美術協会展にて褒状一等二席を受賞し、最年少受賞の快挙を成し遂げました。 さらに、37歳の年には自身の手料理が財政界の大物たちから称賛され、これを機に会員制の料亭「星岡茶寮」を設立します。 しかし、思いのほか会員数が急増し、より多くの食器を揃えなければいけなくなったことから、ついには自ら器の制作に踏み出すようになりました。

こうして星岡茶寮の顧問を務めつつ、作陶活動に励んだ魯山人でしたが、1936年、自由奔放なやり方に不満を感じていた反対勢力のクーデターにより、茶寮を追放されてしまいます。 その後は窯にこもり、持ち前の才能を活かして作陶活動に没頭します。 徹底して美を追求する積極的な姿勢も相まって、晩年まで数多くの名作を作り上げました。

略歴
1883年
士族の家柄に次男として誕生
1908年
中国の北部を旅し、書などを学ぶ
1915年
帰国後魯山人と号する
1924年
陶芸家である宮永東山監修で、開業した美食倶楽部で使用する食器類を自作しはじめる
1955年
重要無形文化財に認定打診を受けるも辞退
1959年
肝硬変により死去

北大路魯山人の代表作

  • 「織部釉長板鉢」

    調理場にあったまな板から着想を得て作られたという、全長50cmに及ぶ大作。 従来の織部焼には美濃の土を使用することがほとんどでしたが、加工のしやすさを考えて信楽の土が使われている点が特徴的です。 また、緻密な文様を施したり、深みのある色合いで仕上げたりと、デザイン性にも強いこだわりが見られます。

  • 「信楽刻線文壺」

    信楽の土の中でも最良のものを厳選、使用した作品。 生前、いくつか作られていますが、晩年に作られたものほど素材の持ち味、魅力が鮮明に表れた作品に仕上がっています。 その他、華やかな印象のある「金彩入良寛詩筆筒」「色絵松山絵文木之葉形鉢」などが代表作として知られています。

日晃堂でお買取した陶磁器を一部ご紹介いたします!

  • 色絵草花文折紙形向付

    出張買取

    北大路魯山人 色絵草花文折紙形向付

    群馬県安中市 70代男性

    群馬県安中市にお住いのお客様より、色絵草花文折紙形向付をお買取りしました。北大路魯山人は陶芸の世界だけでなく、書画や料理家などと言った幅広い顔を持つ人物です。「器は料理の着物」という言葉を残した魯山人の作品は独自の観点から作陶されており、作品自体だけでなく料理を盛った彩に美しく見える陶器が数多く作られました。

  • 萬陀羅茶碗

    宅配買取

    北大路魯山人 萬陀羅茶碗

    静岡県磐田市 40代女性

    宅配買取にて萬陀羅茶碗をお買取りさせていただきました。持つと手に馴染み温かみがありながらも、シンプルで端正なその造形は堂々としつつも品格があります。数回使用したものとの事で、使用による貫入や共箱の傷など見受けられたものの比較的綺麗な状態の物でした。そのため付けれる価格の精一杯まで付けさせていただきました。

  • 織部釉草文彫四方台付鉢

    出張買取

    北大路魯山人 織部釉草文彫四方台付鉢

    神奈川県藤沢市 30代女性

    神奈川県藤沢市にお住いのお客様から備前土草文櫛形四方向付をお買取りしました。依頼主の御祖父様が集めてらしたものらしく、価値があるか見てほしいとの事でした。北大路魯山人は日本の現代陶芸家を代表する陶工ですが、今回拝見させて頂いたお品物はまさに魯山人の作品でした。丁寧に扱っていたのが伺えるほど綺麗にお品物でした。その分、しっかり価格は付けさせていただきました。

  • 灰釉扁壷

    出張買取

    北大路魯山人 灰釉扁壷

    高知県南国市 50代男性

    お品物は状態がよかったためしっかりと価値を付けさせて頂きましたが、共箱意外の備品は紛失してしまったとのことで、その分を考慮した買取額を提示させていただきました。ご売却頂く際には備品が全て揃ってる状態ですと、本体のみより高額にてお買取りさせていただくことができます。お売りいただく際には備品が揃った状態での売却をお勧めいたします。

→
←

お客様の声

  • 北大路魯山人  柿釉白覆輪鉢
    出張買取|佐賀県嬉野市 50代女性

    家に嵩張っていた食器を売るために来て頂いたのですが、不要な物があれば見て頂けるという事で物置で埃を被っていた鉢を見て頂きました。すると有名な作家の方の物とかで…食器より価値がついて驚いています。見てくださってありがとうございました。

  • 北大路魯山人 黄瀬戸小服茶碗
    出張買取|岡山県新見市 30代男性

    叔父に一緒にいい買取業者を見つけてほしいと言われて相見積もりを出すのを手伝いました。中でも日晃堂さんの買取額が高かったので日晃堂さんにきてもらいました。あまり買取業者というものにいいイメージを持っていなかったのですが、真摯に対応してくれてとてもいい印象でした。

  • 北大路魯山人  無地志野ぐい呑み
    出張買取|青森県むつ市 70代女性

    夫が古物商をやっていたのですが、亡くなったため店をたたむことになり、買取をお願いしました。詳しくは骨董品の扱いについて知らないものの、多少の知識はあったので業者に頼むというのは少し億劫でした。ですが、とても良心的に対応して頂き驚きました。似たような境遇の方におすすめしたい業者さんです。

  • 北大路魯山人 織部茶碗
    出張買取|香川県東かがわ市 50代男性

    茶道具の鑑賞が趣味で、骨董市に足を運んだ折に見つけたものでした。北大路先生の造る世界観がすきなのですが、少し家にあるものが増えすぎてしまったため整理もかねて日晃堂さんを利用しました。以前にも利用したことがあるのですが、対応がよく、買取額も満足しています。また何かあった際にはよろしくお願いします。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。