【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

陸厳少(りくげんしょう)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

陸厳少
1909年 - 1993年
中国掛軸買取

陸厳少(りくげんしょう)1909年–1993年

中国掛軸

陸厳少は上海出身の画家であり、美術教育家でもあります。宋・元の時代に活躍した画家たちの作風、技法などを熱心に研究し、その末に“柔”と“剛”を巧みに描き分ける独自の画風を生み出しました。 中でも雲や水の動きを流動的に表現することに長けており、多種多様な表現方法で味わい深いワンシーンを描きました。また、余白部分の使い方についても優れており、密な部分との対比によって美しさを表現しています。主に山水画を得意としていましたが、人物画や花鳥画、さらには書の分野においても多くの秀作が現存しています。 一方で、上海中国画院画師、浙江美術学院教授、中国美術家協会理事といった役職を歴任。 創作活動のかたわら、中国画壇の発展にも努めました。

陸厳少の詳細を見る

流動的な描写に長けた画家および教育家

陸厳少は1909年、江蘇省で生まれました。
1926年、画家を志して無錫美術専門学校に入学。画家の馮超然らに絵を学びました。 この頃からすでに“柔”と“剛”を使い分けた作風を身に着けており、見事な山水画を描いていたといいます。 その後、同郷出身の画家・呉湖帆と出会ってからは、各地の景勝地を巡行。風光明媚な自然風景をいくつも見て回り、絵の題材として活かしていきました。 1950年代半ばからはこのような経験を活かし、四川省の成都、楽山などで個展を開いています。

一方で浙江美術学院の教授を務めるなど、今後の中国絵画を担う若手の育成にも励みました。 また、その後も浙江画院院長や中国美術家協会理事など、名誉ある役職に就任。生涯を通して、中国画壇の発展に大きく貢献しました。

陸厳少の代表作

  • 「青城曉靄」

    1978年に制作された作品。
    前面に描かれた荘厳な山々が“剛”を、背景に描かれた優雅に流れる雲が“柔”を見事に表現しています。 また、多くの景勝地を巡り歩き、数多の風景を目にしてきたからこその高い写実力にも注目です。

  • 「秋浦閑舟」

    水面の色に濃淡をつけることで、あたかも陽の光が反射しているかのように見せた、美しい作品です。 こちらも「青城曉靄」と同じように、出航にともなって荒立つ水面、遠方に広がる雲の動きが流動的に描かれています。
    その他、「桂林山水」「老杜詩意図」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。