【感染対策について】新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

陸治(りくち)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

陸治
1496年 - 1576年
中国掛軸買取

陸治(りくち)1496年–1576年

中国掛軸

陸治は、明代に活躍した文人画家のひとり。
字(あざな)は叔平、号を包山子と称しています。 嘉靖期(嘉靖帝が皇帝を務めた1522~1566年)に画家として活動しており、当時の中国画壇を牽引していた文徴明に山水画を学びます。その後、“元末四大家(元代末期に特に活躍した4人の画家)”のうち、王蒙、倪瓚の影響も受けました。 このような経緯から、師にならって写実的な作品を多く描くものの、淡彩な色使いを持ち味とした独自の作風を確立。色彩豊かな風情ある山水画、繊細かつ写実的な花鳥画を多く描きました。 また、詩や書の才能にも優れており、幅広い分野で活躍。中国芸術史に名を刻む存在となりました。

陸治の詳細を見る

繊細かつ淡彩な花鳥画・山水画を得意とした嘉靖期を代表する画家

陸治は1496年、江蘇省蘇州市に生まれました。
もともとは画家を目指していたわけではなく、仕官を志して勉学に励んでいました。しかし、その努力は実らず、故郷にそびえる支硎山で隠棲します。

その隠棲生活の中で文徴明や祝充明など、明代を代表する画家たちと出会い、交友を深めつつ詩文を学びました。また、文徴明からは山水画も学んでいます。 これらの出会いを機に、陸治は画家の道を歩み始めました。 その後、“元末四大家”に数えられている王蒙、倪瓚の影響を受けた写生的な花鳥画を描きつつ、繊細で淡彩な独自の画風を確立させました。 また、詩や書の才能にも恵まれていたことから、中国芸術界において幅広い活躍を見せました。

こうして数々の傑作を生み出し、揺るぎない名声を得た陸治。 明代、特に嘉靖期を代表する画家の1人として名を馳せるものの、晩年は再び支硎山で隠棲生活を過ごしています。「包山」という名の庵を建て、風光明媚な自然に囲まれつつ余生を過ごしたのち、1576年にこの世を去りました。

陸治の代表作

  • 「花溪漁隱図」

    小高い丘と、その麓に広がる風光明媚な自然風景を描いた作品です。 全体を通して細く緻密な筆致、淡い色彩で描かれており、陸治ならではの作風が顕著に表れています。 現在は台北市にある国立故宮博物院に所蔵されています。

  • 「三峰春色図」

    こちらも繊細な筆致、淡彩な色合いで描かれた陸治の代表作です。 暖かな春の訪れを感じさせるような、明るめの着色が全体に施されています。 「花溪漁隱図」と同様に、国立故宮博物院に所蔵されている作品です。
    その他、「潯陽秋色図」「端阳即景図」「石湖図巻」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。