【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

中村大三郎(なかむらだいざぶろう)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

中村大三郎
1898年 - 1947年
日本画掛軸買取

中村大三郎(なかむらだいざぶろう)1898年–1947年

日本画掛軸

中村大三郎は大正・昭和にかけて活躍した日本画家です。
代表作「ピアノ」に描かれた“グランドピアノと演奏者の女性”のように、物と人を見事に融合させた作品に定評があります。数多くの作品を世に送り出し、またさまざまな展覧会で高い評価を得て日本を代表する画家のひとりとして知られました。代表作の多くは日本国内外の美術館・博物館に所蔵されており、作品はいずれも高い価値を誇ります。

中村大三郎の詳細を見る

物と人が見事に融合する作品で知られる日本画家

1898年、中村大三郎は京都府京都市に生まれました。
明治末の1911年、京都市立美術工芸学校の絵画科に入学。本格的に日本画を学び、1916年に同校を卒業した後はあらためて京都市立絵画専門学校に入学してさらに学びを深めます。 そして1919年、学校を首席で卒業したあとはさっそく帝展に出品した「双六」が入選。翌年の1920年には帝展に出品した「静夜聞香」が特選に選ばれました。

以後は主に帝展で活躍。また、1925年には京都市立絵画専門学校の助教授に任じられました(その後、教授に就任)。1930年には、当時スター女優として活躍していた入江たか子をモデルにした「婦女」が話題を呼ぶなど、日本画の最前線で活躍しました。

そんな中村大三郎は、戦後すぐの1947年に死去。 50年に満たない人生ではありましたが、その後も遺作展や回顧展が積極的に開催され、また記念切手の絵柄に選ばれるなど、現在に至るまで高い人気を誇ります。

中村大三郎の代表作

  • 「ピアノ」

    タイトルにある通り、画面の大半を堂々たるグランドピアノで占めている作品です。振袖姿の女性が鍵盤上に指を躍らせ、楽譜を見つめながら演奏しているところが描かれています。 背景の金泥に黒光りするピアノ本体が絶妙に映え、さらに鮮やかな絵柄に染めつけられた振袖の美しさも相まって、詩情豊かな空間が表現されています。

  • 「読書」

    椅子に腰かけ、大判の書物を膝の上に広げて熱心に読みふける女性の姿を描いています。 女性のまろやかな体の線は、ほのかな官能美を感じさせる仕上がり。 また、女性が身にまとう洋服のグレーと書物の表紙の赤、そしてページの白が絶妙に映え、見る人の心を惹きつける美しさがあります。
    その他、「浄謐」「燈籠のおとど」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。