【 感染対策について 】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはこちらよりご確認ください。

三浦小平二の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

陶磁器買取

三浦小平二(みうら・こへいじ)1933年–2006年

陶磁器

三浦小平二は、昭和から平成にかけて活躍した青磁の陶芸家です。
赤土と青い釉を使って奥ゆきと立体感を演出したり、豆彩の技法を駆使して精緻な絵付けを行ったりと、気品のあるきらびやかな作品に仕上げることを得意としました。また色合いや絵付けだけでなく陶磁の造形にもこだわり、小平二にしかない独自の青磁を世に送り出しました。伝統の技法を忠実に守りつつ、現代的な装いに仕上げるところに小平二ならではの特徴があります。
その功績の高さから、生前は「青磁」における重要無形文化財(人間国宝)に認定されており、その作品は現在でも高い価値を持ちます。

三浦小平二の詳細を見る

青磁の歴史と現代的なセンスを融合させた陶芸家

三浦小平二は、1933年に新潟県佐渡市(当時は佐渡郡相川町)に生まれました。 父は、「佐渡無名異焼」を制作する陶芸家・三浦小平。 その芸術的センスを受け継ぎ、進学先の大学には東京芸術大学を選びます。 彫刻学科に在籍する中で陶芸への興味を深め、「陶磁器研究会」を発足させて熱心に研究活動を行いました。 1955年に同大学を卒業すると、陶芸家・加藤土師萌のもとで青磁の伝統技法を学びます。

やがて小平二は朱色の土を下地とした磁器に、青磁釉をかけて焼き上げるなど、斬新な技法を編みだします。 青磁に人物や風物などの絵付けをはじめたのも、独自の作風であり、その現代的なセンスが海外からも注目されるようになりました。 そんな小平二は、1961年に新日展に初入選を果たして以降、“期待の新人”としてさまざまな展覧会で賞を獲得するようになります。1970年代に入ってからも受賞ラッシュは止まらず、1977年には日本陶芸協会賞を受賞しました。

1990年には、母校の東京芸術大学にて教授に就任(2000年に名誉教授)。1996年に紫綬褒章を受章し、1997年には人間国宝に認定されています。

略歴
1933年
新潟県にて無名異焼、三浦小平の長男として誕生
1953年
加藤土師萌に師事、芸大初の窯を築窯する
1967年
第7回現代日本伝統工芸展にて最優秀賞を受賞
1972年
青磁と赤絵を故宮博物館にて学ぶ
1977年
日本陶磁協会賞受賞
1993年
日本陶磁協会金賞受賞
1997年
国指定の重要無形文化財保持者に認定される
2006年
逝去

三浦小平二の代表作

  • 青磁豆彩大皿「アフガンの楽士」

    小平二は「旅は創作の原点」と語っており、アジアや東アフリカの旅でさまざまなインスピレーションを得ていました。この作品も旅の道中自身が目にしたワンシーンを作品に投影したものだといわれています。 伝統的な青磁と、小平二にしか描けないあたたかみのある絵付けが見事に融合しています。

  • 「青磁大鉢」

    淡い色味に、複数の貫入が絶妙に入り混じっているのが特徴の大鉢です。 この作品は1976年日本伝統工芸展に出品しており、文部大臣賞を受賞しました。 また、文化庁買上作品に選出されたこともあり、国内トップクラスの青磁として高く評価されています。
    その他、「青磁孔雀飾り筒」「青磁香炉象」などが代表作として知られています。

出張買取30%UP

対象外商品:古銭(貨幣)、金属製品
※店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。
※他のキャンペーンと併用不可です。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

買取専門のオペレーターがご対応します

0120-961-491

受付時間 9:00~20:00 (年中無休※年末年始除く)

※お電話が混雑しており繋がらない場合は
大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。

はじめての方でも安心してご利用いただけます

日晃堂で骨董品を売るのはとてもカンタンです

  • 1.連絡・持ち込み

    Webフォーム、電話、持ち込みなどお気軽にご連絡ください。
  • 2.ご訪問・査定

    全国どこでもお伺いします。宅配・店頭買取もお気軽にご利用ください。
  • 3.成立・お支払い

    査定価格にご納得いただけた場合はその場で現金で買取価格をお支払いします。

買取方法~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。