【感染対策について】新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

山口薫(やまぐちかおる)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

山口薫
1907年 - 1968年
洋画買取

山口薫(やまぐちかおる)1907年–1968年

洋画

山口薫は、世界恐慌や第二次世界大戦が起きた激動の昭和期を生き抜いた洋画家の1人です。
作風は時と場合にあわせて変化させるものの、生涯を通して抽象的かつ叙情的な作品を数多く制作。このことから“詩魂の画家”とも呼ばれました。

若い頃から画家としての頭角を現しており、東京美術学校(現・東京藝術大学)在学中に帝展に初入選。以降、数々の展覧会で輝かしい功績を残しています。 また、新時代社やモダンアート協会を設立したり、武蔵野美術大学、東京藝術大学の講師を務めたりと、創作活動以外の部分でも洋画界の発展に貢献しました。

山口薫の詳細を見る

見る者の心に語りかける叙情的な作品を描いた洋画家

山口薫は1907年、群馬県群馬郡(現・高崎市)で生まれました。
中学卒業後、東京美術学校西洋画科に入学。本格的に画家の道を歩み始めます。 とはいえ、画家としての頭角を現し始めるまでに時間はかからず、1926年、同校在学中に帝展への初入選を遂げました。以降、1927年の帝展、1929年の国画会展、1930年の二科会展などに相次いで入選します。
また、1934年には新時代社の結成に携わり、村井正誠や長谷川三郎といった画家たちと近代絵画の創作活動に励みました。 しかし、1950年に新時代社を脱退。モダンアート協会を新設し、モダンアート協会展やサロン・ド・メエ出品発表展、日本国際美術展などに活躍の場を移しました。
その一方で、1951年以降は武蔵野美術大学や東京藝術大学の講師を歴任。教育活動にも力を注ぎます。 こうして日本画壇の発展に貢献するものの、1968年、胃がんによって亡くなりました。

山口薫の代表作

  • 「おぼろ月に輪舞した子供たち」

    死の間際に完成させた遺作であり、山口の作品の中でも特に人々の目と心を奪った名作です。 大勢の子供たちが手を繋いで輪をつくり、月下でキャンプファイヤーをしている情景が描かれています。 しかし、そこに明るさはなく、人によっては恐怖さえ覚えるといいます。 彼の作品の中でも特に抽象的に描かれており、死を目前にした山口薫の心情を否が応でも考えさせられることでしょう。

  • 「花子誕生」

    山口が愛する故郷・箕輪村の田園風景をモチーフにした作品です。 一時期、山口は実家の農業を手伝っており、その際に世話をしていた牛が子を生んだときに描きました。 牛の親子の愛情、絆、さらにはそれを見守る描き手の温かい眼差しが感じられる作品です。
    そのほか、「葬送」「若い月の踊り」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。