【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

関良(かんりょう)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

関良
1900年 - 1986年
中国掛軸買取

関良(かんりょう)1900年–1986年

中国掛軸

関良は、近代中国絵画における巨匠のひとりです。
油彩画や水彩画などさまざまなジャンルの絵画を得意としており、水墨画の技法を駆使した人物画には定評があります。同時代の画家や評論家は、「西洋絵画の影響を受けつつも、オリジナリティあふれる創造性の高い作品を描いている」と激賞しました。 特に、1930年代前後に描かれた「京劇」を題材とする作品は、高い評価を得ています。水墨画ならではの大らかさと、繊細で緻密に描かれた表情の豊かさが特徴で、国際的にも高い人気を誇ります。

関良の詳細を見る

多彩な色遣いで独自の世界を生み出した画家

関良は、1900年に現在の中国広東省で生まれ、1986年に没するまで波乱の生涯を送りました。 1917年、日本に留学。東京太平洋美術学校に入学し、1923年に卒業します。 帰国してからは上海、香港、重慶などを転々として作品作りに励みました。 この頃は、行く先々で美術教師として働いていたようです。

また、1920~1930年代にかけて、中国の伝統的な演劇芸術「京劇」に魅せられます。水墨画の技法を使い、色あざやかで情感たっぷりの京劇の世界を繊細に描き出しました。 一方、1940年代の初めには風景画に興味を示し、国内を巡る写生旅行に出ます。その中で開催した個展において、作品群は好評を博しました。 この頃は教職から離れてプロの画家として活動し、盛んに作品を生み出しています。

こうして順風満帆の画家人生を送るかと思われた関良ですが、1960年代の後半に勃発した文化大革命に巻き込まれます。 当時の国家主席・毛沢東が推し進めた文化大革命は、社会主義的な文化を根づかせるという名目で始まった文化運動でしたが、いつしか暴力的な政治運動に発展し、多くの文化人が弾圧を受けました。 関良もまた当局に目をつけられ、獄中生活を送ったこともあったといいます。

文革の嵐が過ぎ去って名誉が回復されたあとは、上海で美術専科学校、芸術大学の教授を歴任。さらに中国美術家協会理事も務め、中国絵画の発展に尽くしました。

関良の代表作

  • 「遊龍戯鳳」

    京劇に題材をとった水墨画です。
    1940年代に描かれました。 京劇の『遊龍戯鳳』は、明時代を背景にした2人芝居。若き皇帝・武宗と旅館の娘・鳳姐の恋の駆け引きを描くユーモラスな作品です。関良は、凛とした美しさで皇帝を翻弄する鳳姐の姿を題材に選びました。表情豊かな彼女の姿が、情感たっぷりに描かれた傑作です。

  • 「重慶南岸渡頭」

    こちらも1940年代に描かれた作品ですが、その構図には西洋画の影響を感じさせる油彩画です。 関良が暮らした重慶の海辺の風景を切り取ったもので、物の細密なカタチにとらわれない表現主義的な目線で風景を写し取っています。
    その他、「黄金台」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。