【感染対策について】新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

塚本快示の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

陶磁器買取

塚本快示(つかもと・かいじ)1912年–1990年

塚本快示は、主に昭和期に活躍した岐阜県出身の陶芸家です。 「青白磁」の第一人者であり、重要無形文化財「白磁・青白磁」の保持者(人間国宝)でもあります。

快示が評価されたのは、中国宋代の技法をもとに白磁、青白磁の研究を進めつつ、そこからさらに独自の技法を編み出した点です。 中でも特徴的なのが、半乾きの状態の器に文様を彫り込む「片切彫」という技法。 この技法を取り入れることで、彫った文様が焼き上がり後に浮かび上がって見えるのです。 白磁、またはほんのりと色づいた淡青色の青白磁に浮かび上がる文様は神秘的な美しさを放ち、現代においても多くのコレクターを虜にしてやみません。

塚本快示の詳細を見る

世界からも注目された「白磁・青白磁」の人間国宝

塚本快示は1912年、岐阜県土岐市で代々製陶業を営む家に生まれました。 幼い頃から陶磁器に触れて育った快示は、自然に家業を継ぐ道を選び、父から作陶の基礎を学びます。

1933年に11代目として家業を継いだあとは、陶芸家・小山富士夫、陶磁器デザイナー・日根野作三などに師事。彼らの影響を受け、中国宋代の白磁、青白磁の研究に精を出すようになります。 また、使用する素材にも強くこだわっており、長石や陶土を混ぜた白地、石灰や陶石を用いた釉薬などで制作していたようです。 こうして研究に研究を重ねた末に完成した快示の青白磁は、本場中国からも称賛され、陶芸家としての名声、知名度を確立させていきました。 その後、日本伝統工芸展やモントリオール万博などに出品。国内外で輝かしい功績を残しました。 これらの活動、成果が高く評価され、1977年に紫綬褒章を受章。さらに1983年、「白磁・青白磁」の技法において重要無形文化財保持者に認定されました。

略歴
1912年
岐阜県土岐市にて累代陶製を営んでいた家に誕生
1927年
作陶を開始
1948年
小山富士夫著の「影青記」に感銘を受け技術の向上を図る
1961年
通商産業省Gマークに初の入選
1973年
岐阜県重要無形文化財の保持者に認定
1983年
国指定の重要無形文化財保持者に認定
1990年
塚本快示逝去。長男である塚本満が快山窯を引き継ぐ

塚本快示の代表作

  • 「青白磁菊花皿」

    塚本快示が得意とする片切彫を用いて作られた作品。 ほのかに色づいた淡い水色が清らかで、神秘的な美しさが表現されています。 また、表面に浮かび上がって見える、緻密に彫られた菊模様も見逃せないポイント。これにより、全体が高級感のある、上品な仕上がりにまとまっています。

  • 「白地香合」

    美しい曲線美を描く、洗練されたフォルムの香合。 中国磁器特有の優美なフォルムをベースにしつつ、塚本快示ならではの白磁技法が随所に見られる格調高い秀作です。 また、全体のデザインや色合いはもちろんのこと、要所の繊細な作りにも要注目。手に収まるほどの大きさでありながらも、巨匠ならではの高度な技術が伺える作品に仕上がっています。 その他、「白瓷花瓶」「青白磁汲出」などが代表作として知られています。

日晃堂でお買取した陶磁器を一部ご紹介いたします!

  • 塚本快示 青白磁 鉢

    出張買取

    塚本快示 青白磁 鉢

    島根県浜田市 40代女性

    島根県浜田市にお住いのお客様より塚本快示作青白磁の鉢をお買取りしました。青白磁技術の重要無形文化財保持者として日本だけでなく、中国でも非常に高い評価を受けている陶工です。そんな塚本作品から今回お買取りさせて頂いたのは、昭和50年に作陶されたと思われる双魚文の鉢で落款が角印になってるとこが珍しい品物です。

  • 青白磁華唐草文輪花鉢

    出張買取

    塚本快示 青白磁華唐草文輪花鉢

    山口県岩国市 50代女性

    山口県岩国市にお住いのお客様より塚本快示作青白磁華唐草文輪花鉢をお買取りしました。一目惚れをして購入したものだったとのことですが、とても気に入って使われていたんだろうなという事が分かる程綺麗なお品物でした。外箱には少し傷やヒビが見受けられましたが、しっかりと価格を付けさせていただききました。

  • 青白磁涛彫文花形深鉢

    出張買取

    塚本快示 青白磁涛彫文花形深鉢

    長崎県島原市 30代男性

    長崎県島原市にお住いのお客様より塚本快示作青白磁涛彫文花形深鉢をお買取りしました。実家の整理を手伝っていたところ出てきたお品物とのことです。数回使用したとのことですが、裏面に少しの汚れがある程度で、傷や欠けなどはない比較的美品なものでした。お客様に納得いただける価格が提示出来たようでこちらとしても非常に嬉しく思います。

  • 青白磁唐草文皿

    出張買取

    塚本快示 青白磁唐草文皿

    福井県勝山市 60代男性

    福井県勝山市にお住いのお客様より、塚本快示作青白磁唐草文皿をお買取りしました。底面に微かな黒い擦れの汚れがありましたが、その他は共箱も併せて非常に美品だったため、高額にて買取させていただきました。塚本快示作品なら日晃堂にぜひおまかせください。

→
←

お客様の声

  • 塚本快示 白瓷觴ぐい吞み
    出張買取|岩手県遠野市 60代男性

    越してきた時からあったものだったのですが、前の持ち主も不要だと不動産の方に言われずっと家にありました。しかし特にそういったものに興味がある者がいなかったため、売ることに。美術品としての価値が付けばいいなと思い希望も兼ねて買取業者に頼んだのですが、本当に美術品だったらしく。前の持ち主に感謝しつつ家族で何か美味しいものでも食べに行きたいと思います。

  • 塚本快示 青磁大皿
    出張買取|宮城県石巻市 60代女性

    だいぶ前に仲良くさせて頂いてた近所の方にもらったものだったのですが、大して広い家に住んでいるわけではないので置き場所に困ってしまい売りに出すことにしました。有名な方の作品とは聞いていたので念のため査定をしてもらったのですが、本当に有名な作家の方の作品でとても驚きました。価格も思っていたより高く…なんだか少し申し訳ないなと思いつつも家の資金にさせて頂こうと思います。

  • 塚本快示 青白磁草花彫碗
    出張買取|徳島県鳴門市 70代男性

    友人から勧められていた日晃堂さんに骨董品を見てもらう事にしました。妻が大切にしていたものなので、ある程度の価値がつけばいいなとは思っていたのですが、予想以上の額がつきました。ブローチなども見て頂いたのですが、表情で察してくださったのか大切なものは持っていて下さいと言われ、とても心配りのできる査定員さんに見てもらえてよかったです。

  • 塚本快示 倣北方青磁茶碗
    出張買取|東京都東大和市 50代女性

    家にある不要な物を業者に頼むことは決めていたのですが、食器などはブランドものも多くしっかり知識のある買取り業者の方に頼みたいなと思っていたところ評判がよさげな日晃堂さんを見つけました。口コミのサイトにあった通り、電話の対応もよく、実際来てくださった査定員の方も幅広く知識をしっかり持っておられる方で安心してお任せできました。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。