【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

徐希(じょき)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

徐希
1940年 - 2015年
中国掛軸買取

徐希(じょき)1940年–2015年

中国掛軸

徐希は、20世紀後半から21世紀にかけて活躍した中国の画家です。
伝統的な中国画の様式にこだわりつつ、西洋画のエッセンスを加えた抒情性豊かな作品を数多く発表し、いずれも高い評価を得ています。特に、故郷の浙江省を含む江南の地に見られる美しい“水郷”の風景を独自のタッチで描き、評価されました。中国では優れた文化人・芸術家に与えられる「国家一級美術師」の称号を得ており、国際的にもその名を知られています。

徐希の詳細を見る

抒情性豊かに“江南の水郷”を描いた画家

徐希は1940年、中国浙江省に生まれました。 生年の頃から絵画を得意としていた徐希は、自然とその進路を美術方面に定めます。 はじめは版画を専攻しましたが、のちに伝統的な中国画や水彩画も学ぶようになります。西洋絵画の研究にも没頭し、特にフランスやイギリス、ロシアの水彩画に心惹かれたようです。 その経験は、のちに徐希のタッチに活かされることになります。

そんな徐希が歴史の表舞台に本格的に登場するのは、1980年代以降のこと。発表する作品の多くが、国際的な絵画展で高い評価を得るようになります。オリエンタリズム(東洋趣味)と西洋の絵画が理想的な融合を果たした作品の数々は、海外において熱狂的に迎えられました。 1982年、国際絵画展で「湖上晨曲」が大賞を受賞します。 1985年には日本で開催された博覧会で「江南喜雨図」が3位の成績を獲得。また、その年の12月には東京で個展を開催して好評を博しました。 1990年代に入っても熱狂はやまず、1997年にはスウェーデンで開催された展覧会において作品「森」が金賞を獲得し、その名をさらに広めることになりました。

こうして、充実した絵画制作を行った徐希。 以後もニューヨークや東京をはじめ世界各国で個展を開き、その都度大きな話題を呼びます。 2000年代に入ってからも画業は衰えず、スケッチ旅行を積極的に行い、『徐希作品選』『徐希絵画』などの作品集も出版されてその画名はますます高まりました。

徐希の代表作

  • 「江南喜雨図」

    日本の美術展で3位の成績に輝いた作品です。
    豊かな水源を誇る江南の“水郷”を舞台に、雨の日の情景を作品化しています。 少ない色でありながらも、濡れた路面の輝きや明るい雨、人々のかろやかな足取りを奥行きのある抒情性たっぷりな筆致で描いています。

  • 「湖上晨曲」

    国際的に高い評価を得ている徐希の代表作です。 朝の湖の風景を葦越しに見据えた作品で、湖面に明るい陽光が揺らぎ、爽やかな微風が吹き抜ける気持ちのいい朝のひとときが完璧に表現されています。
    その他、「漓江烟雨図」「鳳凰城小区」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。