【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

本阿弥光悦
1558年 - 1637年
日本画掛軸買取

本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)1558年–1637年

日本画掛軸

本阿弥光悦は江戸時代の初期に活躍した芸術家です。
書を中心に、陶芸や蒔絵などさまざまな種類の芸術を手がけ、当時第一級の芸術家としてその名を轟かせました。国宝や重要文化財に選ばれている作品も多く、その作品はいずれもきわめて高い価値を誇ります。

本阿弥光悦の詳細を見る

江戸時代初期を代表する芸術家

1558年、本阿弥光悦は京都に生まれました。
生家の本阿弥家は刀剣の「研ぎ」や「ぬぐい」を専門としており、光悦もまた優れた研ぎ師になることを期待されますが、本人はむしろ陶芸や書、茶の湯などの芸術・文化に興味を示しました。 京都でも指折りの富豪であった本阿弥家は、優れた文化作品の数々に触れる機会を光悦に与えました。そんな中で鑑定家としての知識と技術を磨き、さらには数々の作品を手がけていくことになります。 手がけた作品の中には、現在では国宝に認定されている「楽焼白片身変茶碗」「舟橋蒔絵硯箱」などが含まれています。

こうして、当代随一の芸術家としてその名を知られるようになった本阿弥光悦。40代に入ったとき、のちにコンビを組むことになる画家・俵屋宗達を見出し、目をかけます。 1602年、光悦は現在の広島県にある厳島神社の「平家納経」の修繕に携わっていますが、宗達の優れた絵の才能を見出してこの事業に参加させています。その後、光悦と宗達は「四季草花下絵和歌巻」「鶴図下絵和歌巻」などを二人三脚で手掛けていくことになります。

その後、光悦は京都の中心地で活躍しますが、徳川家と豊臣家が激突した「大坂の陣」を経た1615年、光悦は徳川家によって京都郊外の土地を与えられ、俗に「光悦村」と呼ばれる村を設立。優れた芸術家たちを住まわせ、この地で晩年を過ごしました。

本阿弥光悦の代表作

  • 「四季草花下絵和歌巻」

    和歌を“散らし書き”にして絵画と合わせて作品化したもの。絵画を担当したのは、日本画の巨匠として一世を風靡した俵屋宗達です。 書を担当した光悦は、平安時代の末期、朝廷で編まれた勅撰和歌集『千載和歌集』から選んだものを散らし書きにしています。 宗達の繊細で緻密な筆致の絵画と、本阿弥光悦ならではの流麗な書が見事に融合した作品です。

  • 「鶴図下絵和歌巻」

    こちらも、「四季草花下絵和歌巻」と同じく書と絵を合わせた作品です。 絵画を担当したのも、同じく俵屋宗達。この作品では、宗達はタイトルにもある通り鶴をフィーチャー。長大な絵巻物の世界は一面、鶴の群れが連なっています。 重要文化財に指定されている作品であり、京都国立博物館に所蔵されています。
    その他、「始聞仏乗義」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。