【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

速水御舟(はやみぎょしゅう)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

速水御舟
1894年 - 1935年
日本画掛軸買取

速水御舟(はやみぎょしゅう)1894年–1935年

日本画掛軸

速水御舟は、大正・昭和に活躍した日本画家です。
40歳で生涯を閉じた早世の画家ですが、近代日本画を学び、情緒や思想を色濃く盛り込んだ現代絵画を生み出した功績があります。その作品には重要文化財に指定されたものもあり、高い価値を誇ります。国内ではもちろん海外でも高い評価を得ており、生前にはイタリアやドイツで勲章を授与されています。

速水御舟の詳細を見る

日本画の「近代」と「現代」の橋渡し役を担った早世の画家

1894年、速水御舟は東京都に生まれました。
少年時代から絵に親しんでいた御舟は、1908年に東京私立育英尋常小学校高等科を卒業すると画塾「安雅堂」に入門します。 菊池容斎の流れをくむ画家・松本楓湖に学び、宋代中国の絵画や近世日本の俵屋宗達、尾形光琳の作品の模写を通じて力をつけ、10代半ばにして展覧会デビュー。 1911年に発表した作品が当時の宮内省に買い上げとなり、以後は若き俊英として活躍しました。

20代半ばを迎えていた1919年、市電との接触事故で左足を失う大怪我を負いますが、その災難も御舟の画業を押しとどめることはありませんでした。 1920年代以降、御舟は矢継ぎ早に代表作を世に送り出しています。 静かに立ちのぼる炎と、その周囲を舞うように飛び回る蛾の姿を幽玄なタッチで描いた「炎舞」を1925年に発表。さらに1929年、のちに重要文化財に指定されることになる「名樹散椿」を発表しました。 「名樹散椿」は国内で高評価を得たほか、イタリア政府が主催したローマ日本美術展に出品されて傑作とたたえられ、御舟はオクイシェー・クーロンヌ勲章を受章。さらに1931年、ドイツで開催された日本現代画展において作品が高評価を受け、赤十字二等名誉勲章を受けています。

帰国後もさまざまな作品を世に送り出し、特に緻密で繊細な写生表現によって高評価を受けました。 単なる写実ではなく、そこに明確な意図を込め、思想を語ろうとしているところが御舟ならではの特徴です。 しかし、栄光の時代は長く続きませんでした。 1935年2月、御舟はにわかに体調不良を訴えて診察を受け、腸チフスと診断されます。そして3月26日、41歳の誕生日まで5ヶ月を余して生涯を閉じました。

速水御舟の代表作

  • 「京の舞妓」

    1920年に発表された作品で、当時絶大な人気を呼んだ舞妓・君栄をモデルに描きました。 御舟がこの作品で試みたのは、描かれる物の“質感”を丹念に表現すること。その試みは、舞妓が身につけた着物に顕著にあらわれています。振袖や帯の重み、布地の柔らかさが伝わってくる傑作です。 当時は、あまりに質感の再現に熱中したために「写実的すぎる」と批判を浴びることもありましたが、のちに傑作と認められ、現在は東京国立博物館に所蔵されています。

  • 「名樹散椿」

    1929年に発表された屏風絵で、「五色八重散り椿」を描いています。 その昔、京都府京都市北区の昆陽山地蔵院に、“名樹”と呼ばれる椿の古木がありました。一般的な椿は花ひとつ丸ごと落ちるという散り方をしますが、昆陽山地蔵院の椿は花びらがひとつずつ舞い落ちるという特徴を持っており、またその花びらは紅や桃色、白など彩り豊かでした。御舟は、金色の背景に映える椿の花々を、はらはらとこぼれ落ちた花びらとともに情緒的に表現しています。 この作品は現在、山種美術館に所蔵されています。
    その他、「炎舞」「翠苔緑芝」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたとお問い合わせ時にお伝えください。
※他のキャンペーンと併用不可です。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。