【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

福富雪底(ふくとみせってい)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

福富雪底
1921年 - 2006年
日本画掛軸買取

福富雪底(ふくとみせってい)1921年–2006年

日本画掛軸

福富雪底は、昭和から平成にかけて活動した僧侶であり、臨済宗大徳寺派の14代管長を務めました。
書家・文筆家としての顔も持っており、多数の掛軸や色紙、また著書があります。雪底がその名を連ねる臨済宗は茶の湯や書を奨励する宗派であり、雪底もまたその文化に従って優れた書をあらわしました。

福富雪底の詳細を見る

書に優れた大徳寺派14代管長

1921年、福富雪底は新潟県に生まれました。
1930年代の初めに上京。仏門に入ったのは1935年のことで、上野の臨済宗・広徳寺に入ります。 また仏教系大学の大正大学に入学し、仏教を学びます。 しかし当時は戦争の時代。大学を卒業した1944年に士官学校に入学して陸軍少尉となります。 終戦を迎えたのは台湾。復員して再び仏教の道に入り、以後15年にわたる臨済宗の修行に従事します。1961年、広徳寺の第30代の住職に就任し、前代の和尚の名を継いで「福富」を名乗ることになりました。

こうして禅の道をきわめつつあった福富雪底。 1983年に京都にある臨済宗大徳寺派の大本山・大徳寺の第14代管長(代表者)に就任します。

その後、高僧としてその名を知られるようになった福富雪底は、同時に書家・文筆家としても積極的に活動していきます。晩年の2002年には、禅の教えをわかりやすく語る『人生、しっかり生きなされよ』を出版して話題を呼びました。

福富雪底の代表作

  • 福富雪底は若い頃から仏教者として活躍するかたわら、その卓越した書の手腕を活かして数々の作品を残しています。色紙や掛軸などで、その書を見ることができます。 福富雪底の書の特徴は、力強い線。太く濃くパワフルな筆致で書いていることがポイントで、たとえば掛軸は茶室などに掛けると場の空気を引き締め、雰囲気を高める働きがあるといえます。 書の題材として選ばれているのは、仏教の経典にある言葉。禅の教えや世界観を言葉で表現した「禅語」などを書いています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。