【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

有馬頼底(ありまらいてい)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

有馬頼底
1933年 -
日本画掛軸買取

有馬頼底(ありまらいてい)1933年–

日本画掛軸

有馬頼底は日本の仏教界を代表する禅僧であり、同時に美術品コレクターとしても知られる人物です。
また、能書家としても有名で、書や茶道具の極書などを数多く手がけています。 有馬本家当主であり、中央競馬の重賞競走「有馬記念」の名前の由来にもなった有馬頼寧の従兄弟・有馬正頼を父に持ちます。 久留米藩主有馬家(赤松氏流)の子孫にあたり、現在は臨済宗相国寺派の7代目管長に就任。また、相国寺、金閣寺(鹿苑寺)、銀閣寺(慈照寺)の住職も兼任しています。 その一方で、承天閣美術館の館長としても活躍しており、美術館の運営に携わっています。 また現在は社会福祉活動を推進したり、京都の景観問題に取り組んだりと、幅広い分野で活躍中です。

有馬頼底の詳細を見る

僧侶にして能書家+美術コレクター

有馬頼底は1933年、東京市中野区で生まれました。
しかし1941年、8歳のときに両親が離婚。これがきっかけで、岳林寺(大分県日田市)で得度します。 こうして僧侶としての道を歩み始めた有馬は1955年、京都臨済宗相国寺僧堂に入門。当時の管長・大津櫪堂に師事しつつ、修行に励みました。 そして1968年、師の後を継いで相国寺塔頭大光明寺の住職に就任。以降、「世界平和」や「自然保護」を目標に掲げ、尽力します。

その一方で美術に目覚めた有馬は1984年、相国寺境内に承天閣美術館を設立。自ら事務局長を務めます。 1985年、京都仏教会の設立にともなって常務理事を務めたのち、1988年には理事長に就任。10年後、承天閣美術館の館長に就任します。 またこの年、臨済宗相国寺派の7代目管長の座に就いたり、相国寺、金閣寺、銀閣寺の住職を兼任したりと、本職の分野でも目覚ましい活躍を見せました。 現在はさらに活躍の幅を広げ、さまざまな面から京都の伝統の保持・発展に貢献しています。

有馬頼底の代表作

  • 京都において、仏教の世界で最高級の栄誉を得て活躍している禅僧・有馬頼底には、古今の美術品を収集するコレクター、そして能書家としての顔があります。 書の世界においては「大龍窟」と号し、数々の掛軸を制作するなど活躍中です。 特に、禅の教えを美しい漢詩の形にまとめた「禅語」をモチーフにした掛軸に定評があります。流麗でありながら芯の通った書風は、多くの人に親しまれています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたとお問い合わせ時にお伝えください。
※他のキャンペーンと併用不可です。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。