【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

荒木十畝(あらきじっぽ)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

荒木十畝
1872年 - 1944年
日本画掛軸買取

荒木十畝(あらきじっぽ)1872年–1944年

日本画掛軸

荒木十畝は、明治から昭和にかけて活躍した日本画家です。
日本画会や読画会、正派同志会など、さまざまな組織の創立に携わったほか、教育家として後進の育成にも尽力。多方面で日本美術の発展に貢献した十畝の作品は、高い価値を誇ります。 当初は、義父であり師でもある日本画家・荒木寛畝に似た伝統的な日本画を描いていました。 しかし、時代の流れとともに作風は徐々に変化していき、やがては自ら「守旧漸進主義」と称した、伝統技法を基盤とする新たな画法を生み出します。また、寛畝の死後はさらに作風が一変。極彩色を用いた優美な作品を多く描きました。

荒木十畝の詳細を見る

義父・荒木寛畝からも認められた日本を代表する画家

荒木十畝は1872年、長崎県大村市で生まれました。
当初は「琴湖」と号して絵を描き、1892年に上京してからは日本画家・荒木寛畝に師事。その翌年、荒木家に養子として迎えられ、以後「十畝」と名乗るようになります。

寛畝から認められるほどの画才を発揮した荒木は1895年、日本美術協会展で一等褒状を受賞。その2年後には日本画会の創立に立ち会うなど、日本画壇での存在感を強めていきました。 その一方で、1901年には寛畝の後を継ぎ、女子高等師範学校の講師に就任。教育家としても日本美術の発展に大きく貢献します。

1904年、アメリカで開催されたセントルイス万国博覧会で銀牌を受賞したのち、翌年には寛畝一門による画塾・読画会を設立。その運営に携わります。 また、文展が開設された1907年、新派に対抗する組織として正派同志会を立ち上げ、幹事長を務めました。 その後は文展審査員や帝国芸術院会員などを歴任。日本画壇を牽引する画家としてあり続けました。 晩年は神奈川を拠点に創作活動に注力するものの、1944年、心臓麻痺により急逝。73歳でこの世を去りました。

荒木十畝の代表作

  • 「四季花鳥」

    春「華陰鳥語」、夏「玉樹芳艸」、秋「林梢文錦」、冬「山澗雪霽」から構成された4幅の作品。 鮮明な色遣いによって四季折々の情景が見事に表現されているほか、「垂らし込み(色が乾く前に別の色を垂らすことで“にじみ”の効果を活かす日本画の技法)」が用いられているのが特徴です。

  • 「柏白鷹」

    1944年に描かれた、荒木の絶筆とされる作品です。 「四季花鳥」をはじめ、従来の色彩豊かな作品からは一転、落ち着いた色合いで描かれています。 日本画を極めた荒木の終着点にふさわしい、静寂を感じさせる傑作です。
    そのほか、「早春」「鳳凰」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。