呉昌碩(ゴショウセキ)の買取ならお任せください!
確かな鑑定力により呉昌碩の作品を買取いたします!

呉昌碩(ゴショウセキ)の掛軸買取なら日晃堂にお任せください!真心を込めて買取いたします!

呉昌碩掛軸

呉昌碩(ごしょうせき) 1844年-1927年


呉昌碩とは中国の清朝末期から近代にかけて活躍した画家、書家、篆刻家です。
中国近代でもっとも優れた芸術家で清代最後の文人と言われており、詩、書、画、篆刻ともに精通していたことから「四絶」と称賛されていました。


芸術家として最大の賛辞を得られる程「呉昌碩」は偉大な人物ですが、呉昌碩が歩んできた経歴は全てが華々しいというものではありませんでした。


呉昌碩の家系は曾祖父の代から拳人が続くエリート家系でしたが、呉昌碩自身の幼少時代は決して裕福な家庭ではありませんでした。篆刻を学んだとしても印材自体が購入できなかったため、まともに作品を作る事すら出来ませんでした。
その事から、幼少時代の呉昌碩はレンガに針で文字を掘って篆刻の練習をしていたといわれています。
ですが、この時代から呉昌碩の才能の片鱗は見え始めていたと伝えられています。


その後は、16歳まで古文や篆刻の塾に通い安定した生活をしていましたが、17歳の時に太平天国の乱という大規模な乱が起き、その戦火から逃れるため避難生活を送ることになり、5年間各地を彷徨うことになりました。
この時代に呉昌碩はたくさんの身内を亡くし、呉昌碩にとっては悲劇の時代と言われていますが、そんな苦しい生活の中でも古文や篆刻の勉強を熱心に学びました。


その甲斐もあって、22歳で清朝官僚を経験し、25歳には高級官僚の私設秘書となり各地に仕え放浪しました。
その後も、中国の伝統的な言語学のうち、語の意味を研究する訓詁学や、いかに聴衆を納得させるかを目的とする演説の技術、修辞学も学び、29歳になった呉昌碩は、杭州、蘇州、上海などに遊学するなど、」勉学に励み続けています。
そのなかでたくさんの師友を得て、書をみがき深め、篆隷篆刻の法を学び、詩法や詩作の啓発を受け、有名な収蔵家達との交流で観賞眼を高めました。


結婚後は上海にて書や篆刻を売って生計を立てていたのですが苦しい生活だったようです。
1894年に日清戦争が始まり、少しの間江蘇省安東県の知事を務める事もありましたが、わずか一か月で辞めてしまいました。


呉昌碩は幼少より芸術に関する勉学にも励んでいましたが、本格的に画を学び始めたのは実は50歳を過ぎたころからです。50歳をすぎた頃から、呉昌碩は著名な芸術家から本格的に画を学びます。


その頃から上海の富裕層が呉昌碩の文人画を好んで買うようになり画名が高まっていき、やがて書や篆刻も高値で取引されるようになりました。1903年、西湖湖畔に篆刻中心の学術団体として活動をはじめ、西泠印社を設立し初代社長となり、上海を中心に活躍しました。
そして1927年、中風が悪化し84歳で生涯を終えました。

※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの掛け軸がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
【ラ行】

買取申込、ご相談、査定の依頼など

骨董品のことならお気軽にお問合せ下さい

0120-961-491
受付時間
9:00~20:00
(年中無休 ※年末年始除く)
初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る