荒川豊蔵の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

陶磁器買取

荒川豊蔵について

荒川豊蔵は「日本の陶工に荒川あり」と崇められるまでに至った志野焼の陶工です。魯山人の星岡窯に参画し、そこで志野焼に魅せられました。その時茶碗に付着していた道具土を見て、古志野が瀬戸で焼かれていたという説に疑問を持ったのです。そして荒川は古志野の研究を始め復興・再現するまでに至りました。

当時、どこの美術館や百貨店も喜んで迎え入れられるほどの荒川でしたが、名が売れるまでは三越を訪れるも愛想のない対応で、相手にしてもらえなかった時期もありました。そんな時代の荒川を、小山冨士夫や長野草風らは強く認識していたといいます。

荒川は海外にもファンがおり、スウェーデンの貿易商であるトルエドソン夫人は荒川のパトロンでもあったそうです。

略歴
1894年
岐阜県土岐郡多治見町にて誕生。荒川が古志野を調査したことにより、荒川は桃山時代以来の美濃焼陶工の直系の血筋だという事が発覚する。
1907年
地元の陶磁器貿易商にて働く
1911年
従妹の志づと結婚
1922年
東山窯の工場長を任される
1930年
星岡窯主作陶展にて古志野と出会う
1934年
古窯跡を頼りに志野や瀬戸黒など試行錯誤を重ねて作陶
1955年
志野と瀬戸黒で重要無形文化財保持者に認定
1985年
逝去

荒川豊蔵の代表作

  • 志野茶碗

    厚く筋状に流れる志野釉の様子が魅力的な荒川には外せない代表作のひとつ

  • 瀬戸黒茶碗

    艶やかでいて、それと同時に落ち着いた雰囲気を持つ瀬戸黒茶碗。荒川ならではの完璧な釉調が見受けられる

  • 黄瀬戸徳利

    こちらも荒川ならではの釉調が見受けられる作品で、黄瀬で鈍い光沢は難しいとされる

骨董品に関することなら
お気軽にお問合せください。
【出張・宅配買取の申込み】【無料査定依頼】【その他ご相談】など、骨董品に関することであれば、どのようなことでもお気軽にお電話、またはメールでお問合せください。
急ぎの方はお電話で

受付時間9:00~20:00(年中無休 年末年始除く)

※電話番号を押すと電話をかけることができます。

お気軽にメールでお申込み(24時間受付)
初めてのお客様買取10%アップ

ご都合に合わせて選べる買取方法

骨董品買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
信東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。

トップへ戻る