中里太郎右衛門の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

陶磁器買取

中里太郎右衛門(なかざと・たろうえもん) 江戸時代初期–当代

中里太郎右衛門は、江戸時代初期から唐津焼御茶碗窯を継承している、中里家の当主が代々襲名している名称です。
2020年現在は、中里忠寛が14代目太郎右衛門を名乗っています。 太郎右衛門は伝統的な「叩き技法」に中国の技法を取り入れ、独特の世界観を持つ作品を多く生み出しています。また、土と釉薬の組み合わせ方にも工夫を凝らしており、従来の唐津焼になかった多彩な表現法を編み出しています。

そんな中、歴代で特に大きな注目を集めたのが12代目・中里太郎右衛門(無庵)でした。
それまで主流とされていた京風の献上唐津を一新。桃山時代に作られていた古唐津風のスタイルを確立させました。その後、この技術および功績が認められ、1976年に「唐津焼」の分野で重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されています。 こうして確立された現代の唐津焼は2020年現在も人気が高く、多くの陶芸愛好家から高い評価を得ています。

中里太郎右衛門の詳細を見る

現代に古唐津を蘇らせた伝統ある窯元

中里家の始まりは今から約400年前、江戸時代初期に遡ります。 当時陶工をしていた中里又七(のちの初代・中里太郎右衛門)が窯を開き、作陶に従事したことから始まりました。 しばらくは藩からの保護を受けていた唐津焼ですが、1734年から幕末にかけて、将軍家および高家への献上品としてのみ焼くことが許されるようになります。 この「献上唐津」により、多くの窯が閉鎖。中里家のみが古唐津を伝承する形になりました。

このような経緯によって一時は途絶えてしまった古唐津ですが、1927年に12代目・中里太郎右衛門を襲名した無庵の働きにより、再び息を吹き返すことになります。 無庵は佐賀県や長崎県の唐津窯跡を調査することで、古唐津の技法を研究し、復興させました。また、唐津焼特有の「叩き技法」を用いて、従来と異なる新たな作風も生み出しています。 こうして現代に蘇った古唐津の技法は、13代目、14代目へと代々受け継がれ、現在に至ります。

略歴
1895年
佐賀県唐津市にて11代目中里太郎右衛門の次男として誕生
1927年
実の父が逝去後、12代目が中里太郎右衛門を襲名
1929年
古唐津焼の調査を開始し、復興。現代の作陶にいかした独自の作風を確立させる
1969年
13代目中里太郎右衛門が襲名
1976年
12代目中里太郎右衛門の唐津焼が国指定の重要無形文化財に認定
2002年
14代目中里太郎右衛門が襲名
2009年
13代目中里太郎右衛門逝去

中里太郎右衛門の代表作

  • 「唐津茶碗」(12代・中里太郎右衛門作)

    土の優しいぬくもりが感じられる、洗練されたフォルムが特徴的な作品。 また、口当たりの良さを意識し、口造りに五岳(5つの凹凸)を施している点も見どころです。 釉薬の掛け方も絶妙で、12代目のこだわりと細かい仕事が伺える作品といえるでしょう。

  • 「唐津白地黒掻落し壺」

    14代目・中里太郎右衛門が手がけた作品。 洗練された緻密なデザイン、作品全体のフォルムもさることながら、注目すべきは「掻落し」の技法が用いられている点です。 これは中国宋代の技法であり、素地に化粧土や釉薬を塗ってから掻き落とすというもの。 日本に古くより伝わる古唐津の技法と中国の技法を融合させることで、より深みのある味わいを生み出しています。

    その他、14代目太郎右衛門の「唐津黒斑ぐい呑」などが代表作として知られています。

日晃堂でお買取した陶磁器を一部ご紹介いたします!

  • 12代中里太郎右衛門 唐津茶碗

    出張買取

    12代中里太郎右衛門 唐津茶碗

    香川県善通寺市 60代男性

    香川県善通寺にお住いのお客様より、人間国宝である12代目中里太郎右衛門(無庵)作の唐津焼茶碗をお買取りしました。使用したとのことですが使用跡はもちろん、傷なども見受けられない美品でしたので高額にて買取させていただきました。この度はご利用ありがとうございました。

→
←

お客様の声

  • 13代目中里太郎右衛門 唐津壺
    出張買取|熊本県宇土市 50代男性

    骨董市で出会った壺でした。骨董の蒐集が趣味なもので骨董市に赴いては集めていたのですが、そろそろ整理しようと以前にもお世話になった日晃堂さんにお願いしました。前回と変わらず丁寧に査定して頂き、満足の行く買取額で買い取って頂けました。

  • 12代目中里太郎衛門 唐津茶碗
    出張買取|宮城県登米市 40代女性

    祖母から譲り受けた茶碗でした。当時は茶道をしていましたのでそこで使っていたのですが、今は離れてしまってどうしようかと悩んでいたところでした。その時に日晃堂さんのサイトを見て連絡し、見て頂いたところ想像以上の買取額になりました。未使用品だともっと高く買取れたそうですが、私としては十分でした。ありがとうございました。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。

トップへ戻る