中里無庵の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

陶磁器買取

中里無庵について

中里無庵は1895年佐賀県東松浦郡唐津村大字唐津にて11代目中里の次男として誕生しました。唐津焼の陶工として活躍した人物になります。1927年に12代目中里太郎右衛門を襲名した無庵は佐賀、長崎県下に遺る古窯跡を発掘調査をし、成果あげた人物としても知られています。古唐津を復活させるためにあらゆる技法を習得し、技術保存の第一人者ともなっている無庵は唐津焼にとって大変重要な人物でもあるのです。志野焼や備前焼きにおいても復活のために研究が重ねられ、そこから新しい世界が開かれていきましたが、唐津焼でそれをしたのが無庵なのです。

また、無庵は「たたき」という古くより中国から伝わる陶器の手法を活かした作品も製作しました。1976年には国指定で唐津焼の重要無形文化財保持者としての認定を受けています。

略歴
1895年
11代目中里太郎右衛門の天祐の次男として誕生
1914年
佐賀県の工業高校別課製陶科を卒業し、唐津焼の窯業に携わる
1927年
12代目の中里太郎右衛門を襲名
1929年
古唐津焼の調査を始め、古唐津焼を再現。古唐津焼の伝統を元にしてたたき技法など独自の物を編み出す
1941年
唐津焼技法保存作家の指定を受ける
1969年
京都の大徳寺で「無庵」の号を受け、13代目中里太郎右衛門に家督を譲る
1976年
国指定の重要無形文化財保持者に認定
1985年
逝去

中里無庵の代表作

  • 斑唐津

    斑唐津特有の青味がかった斑の文様が美しく入った釉薬と造形の調和が素晴らしい作品

骨董品に関することなら
お気軽にお問合せください。
【出張・宅配買取の申込み】【無料査定依頼】【その他ご相談】など、骨董品に関することであれば、どのようなことでもお気軽にお電話、またはメールでお問合せください。
急ぎの方はお電話で

受付時間9:00~20:00(年中無休 年末年始除く)

※電話番号を押すと電話をかけることができます。

お気軽にメールでお申込み(24時間受付)
初めてのお客様買取10%アップ

ご都合に合わせて選べる3つの買取方法

骨董品買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
信東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。

トップへ戻る