【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

TOP

初代大饗仁堂 備前焼 手造 宝瓶 買取実績

初代大饗仁堂 備前焼 手造 宝瓶 共箱付き
  • 初代大饗仁堂 備前焼 手造 宝瓶 共箱付き
  • 初代大饗仁堂 備前焼 手造 宝瓶 商品アップ
  • 初代大饗仁堂 備前焼 手造 宝瓶 初代大饗仁堂 備前焼 手造 宝瓶 落款部分
作家名
初代大饗仁堂(おおあえ じんどう)
作品名
備前焼 手造 宝瓶
買取参考価格
80,000
ジャンル
煎茶道具

作家情報

初代大饗仁堂は明治から昭和にかけて活躍した蛙細工を得意とした名工です。昭和29年には岡山県重要無形文化財保持者となっており、備前焼作家としてはとても有名な陶工です。

※掲載している買取価格は参考買取価格となります。同名のお品物でも状態、市場価値の変動などで買取価格は変動いたします。 ※商品の画像は、過去に買取をした類似商品の画像を掲載している場合がございます。

この作品について

初代大饗仁堂による備前焼 手造 宝瓶です。
宝瓶とは、取っ手のない急須のことで、ほうひんと読みます。
玉露などの高級煎茶は低温のお湯で淹れることが多いですよね。その場合茶器が熱くならないため取っ手は必要なく、このような形の宝瓶が作られました。また、口の部分が広く作られているため、素早くお湯を切ることができます。
本作品は、備前焼特有の落ち着いた仕上がりに、大饗仁堂らしさのある摘みが特徴的です。
注ぎ口の下部は素焼きのようになっており、これはシンプルな中にも作品名にもある『手造』、人の手で作っているということを感じることができます。古い物ですので、箱など経年による劣化や汚れは目立ちますが、本体に致命的なキズはなく、作品としては問題がない状態です。
摘みの特徴があることと、経年劣化が作品としては問題がない程度だったことを考慮して、こちらの買取額となりました。日晃堂では、劣化や汚れのあるものでも、作品の価値を見極めて査定いたします。
気になるお品物がおありでしたら、状態にかかわらず一度ご相談ください。

煎茶道具の買取実績

四世三浦竹泉
青華着彩松竹梅童子図 茶瓶
買取
参考価格
30,000
この買取実績の詳細
初代大饗仁堂(おおあえ じんどう)
備前焼 手造 宝瓶
買取
参考価格
80,000
この買取実績の詳細

※買取価格は季節や年数により相場が変動します。掲載されている金額はあくまで参考でお願いします。 ※商品の画像は、過去に買取をした類似商品の画像を掲載している場合がございます。