【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

TOP

三代小川長楽 赤楽茶碗 買取実績

小川長楽 茶碗 共箱付
  • 小川長楽 茶碗 共箱付
  • 小川長楽 茶碗 拡大
  • 小川長楽 茶碗 落款部分
作家名
三代 小川長楽 裏千家十五代鵬雲斎書付
作品名
赤楽茶碗
買取参考価格
30,000
ジャンル
茶道具

作家情報

初代小川長楽は十一代楽吉左衛門より、幼少期から陶芸の基礎を学び独立。その後途絶えることなく、長男が二代小川長楽を、二代目の長男が三代小川長楽を襲名しています。
三代小川長楽は、その技術を受け継ぎながらも、そこに独自性を表現することに価値をおき、歴史ある楽焼の流れを進めていこうと挑戦し続けています。その独特の造形美やデザイン性の高い作品は、現在も非常に評価の高い陶芸家です。

※掲載している買取価格は参考買取価格となります。同名のお品物でも状態、市場価値の変動などで買取価格は変動いたします。 ※商品の画像は、過去に買取をした類似商品の画像を掲載している場合がございます。

この作品について

三代小川長楽による赤楽茶碗です。
赤楽茶碗は「一楽・二萩・三唐津」と称されるほど伝統のある楽焼の一種で、目を引く赤色はあの秀吉が好んだとされています。
きれいな味わいのある赤色に、楽茶碗特有の細かい貫入がとても素晴らしい作品です。
こちらのお品は、未使用で傷なども無いきれいな状態で、さらに、付属品の共箱、共布、栞もついている完品状態でのお買取りとなりました。
今回の査定のポイントは2つ。『銘』と『書付』です。
三代小川長楽の作品は「裕起夫」銘が非常に多いのですが、今回お買取りしたお茶碗は「長楽」銘のものでした。
これは、三代小川長楽を襲名した後の作品であることを表しています。
そして、箱蓋の裏には裏千家十五代家元・鵬雲斎の書付が入っており、作品の価値をさらに高めています。
日晃堂では、大切なお品物を一点一点しっかり査定させていただきます。 眠ったままの骨董品がおありでしたら、ぜひ一度ご相談ください。

茶道具の買取実績

十一代三輪休雪
萩茶碗
買取
参考価格
120,000
この買取実績の詳細
三代山田常山
常滑焼 茶器
買取
参考価格
50,000
この買取実績の詳細
久田宗也(尋牛斎)筆
好日
買取
参考価格
50,000
この買取実績の詳細
十六代永楽善五郎(即全)
織部写瓢振出 鵬雲斎書付
買取
参考価格
35,000
この買取実績の詳細

※買取価格は季節や年数により相場が変動します。掲載されている金額はあくまで参考でお願いします。 ※商品の画像は、過去に買取をした類似商品の画像を掲載している場合がございます。

骨董品の買取実績カテゴリー 一覧