元文小判の買取実績や歴史をご紹介します

TOP

元文小判の買取実績とお客様の声

元文小判
出張買取

元文小判

愛知県稲沢市 60代男性

今回も日晃堂をご利用頂き誠にありがとうございました。元文小判を中心にその他の穴銭などもまとめて査定させていただきました。元文小判には組合鑑定書もしっかりと保存されていたためその分も査定額に入れさせて頂きました。

ご売却頂いたお客様の声

昔から古銭の類を収集するのが好きで、元文小判もその集めていた古銭のうちのひとつでした。そろそろ新しいものや違うものが欲しくなったため、今あるものは手放すことに。そこで今まで何度かお世話になってる日晃堂さんに今回も古銭の買取をお願いしました。人は変わっても毎回しっかりとした査定をしてくださるので安心して任せる事が出来てます。

元文小判について
  • 歴史

    1736年の5月より鋳造が行われ、同じ年の1736年6月15日より一般使用され始めたのが元文小判です。元文小判は一両の額面を持ち、別名文字小判とも呼ばれました。後に発行される文政小判と区別するため、小文字小判や真文小判とも呼ばれていたそうです。元文小判は徳川吉宗が財政に困窮する武士や農民を救済するため、貨幣の品位を低下させるという施策の元鋳造されたものです。発行当初は急激なインフレーション(物価が一定の期間の間上昇)に見舞われることとなりましたが、この政策が当時の政策状況に適していたため次第に落ち着き安定するようになりました。

  • 特徴

    元文小判の特徴は小判ではよく目にする茣蓙目が表面に鏨によって刻まれており、桐紋が上下に配置されそれを囲むようにして扇の模様があります。元文小判の中央上部には「壹两」、下部には「光次(花押)」の極印が天保小判や安政小判などと同じように施されており、裏面の下部左下には小判師と吹所の験極印があります。右上には「元」ではなく「文」の印が施されていますが、これは元禄金と区別をするために元の文字の使用を避けたからとされています。また、小判師と吹所の験極印が偶然「大」「吉」となったものは「偶然大吉」と呼ばれ、縁起のいい小判として珍重されていましたが、元文小判以降に鋳造された小判には特別製の献上小判も作られるようになり、そういった小判にはあらかじめ「大」「吉」の文字が打たれるようになりました。

  • 元文金の量目と品位

    元文小判の規定とされる量目は13.11グラムになります。品位は金が65.31%、銀が34.41%、その他とされる銅、鉛、イリジウムなどの金属成分が0.28%となります。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

トップへ戻る