【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

粟田口吉光 日本刀の買取実績や歴史をご紹介します

TOP

粟田口吉光 日本刀の買取実績とお客様の声

粟田口吉光 日本刀
出張買取

粟田口吉光 日本刀

山形県酒田市 70代女性

山形県酒田市にお住いのお客様より粟田口吉光の短刀をお買取りしました。以前にも日晃堂をご利用頂いたとのことで今回も利用していただき誠にありがとうございます。さて、粟田口吉光といえば短刀の名工として非常に有名な人物にあたります。国宝や指定文化財に登録されている短刀も多くあります。今回拝見させて頂いた短刀は、長い間蔵の中にあったとのことで多少の傷みが見られましたが、刀身は比較的綺麗でしたので頑張って価格を付けさせていただきました。ご利用いただきありがとうございました。

ご売却頂いたお客様の声

息子が帰って来た時に今まで触っていなかった蔵の整理を手伝ってもらった際に出てきました。私が片付けられる範囲は極力片付けていたのですが、流石に高所は届かず放置したままでまさかそんな高所に短刀がしまってあるとは思いませんでした。日本刀ならばそこそこの価値があるだろうと思い、よくわからないまま以前利用したことがある日晃堂さんへ来てもらう事に。そしたら有名らしい刀工の刀だったようで驚きました。

粟田口吉光について
  • 粟田口吉光の歴史

    粟田口吉光は鎌倉時代中期に京都で非常に有名な刀鍛冶でした。その知名度は現代でもさることながら当時でも鎌倉時代末期に活躍した相州正宗と並ぶかそれよりも上だと言われるほどだったとされています。国宝は4振中3振が短刀、重要文化財は9振中7振が短刀と、特に短刀作りの名手として粟田口吉光の名は知られています。唯一「一期一振」だけが吉光が作刀した太刀とされており、現状これ以外の吉光の真作とされる太刀は見つかっていません。吉光が作刀した刀のほとんどには「吉光」の二字銘が切られていますが、年期銘がある作はないとされています。また、豊臣秀吉により相州正宗・郷義弘と共に「天下の三名工」として称され「享保名物帳」に記載されている吉光の作品も数多くあります。

  • 粟田口吉光の特徴

    現存している吉光の短刀の多くは体配や身幅など尋常とされるものが多くあります。地鉄は梨子地肌と呼ばれる小杢目、小板目が非常に詰んでいて、細かな沸が一面について、まるで蒔絵の梨地に見えるような肌が特徴的です。また、吉光の典型とされている刃文は直刃を主体としつつも細かく乱れていて焼き出しに互の目を連なるものも存在し、直刃主体となってる物も乱れ刃主体となっている物も共に現存しています。中でも厚藤四郎の名で知られている短刀は「鎧通し」とも呼ばれており、特に重ねが厚く元重ねは1センチを超えます。また、吉光は鍛冶の技だけでなく、弘誓院流の書を学んだとされています。そのため吉光の銘字は当時から流麗とされていて現存する刀に切られた銘もその優雅を窺い知ることができます。

刀剣の所持・買取には必ず
【銃砲刀剣類登録証】が必要となります

銃砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)により、刀剣の所持、売買には銃砲刀剣類登録証(登録証)が必要となります。登録証のない刀剣類のお買取は基本的にお断りしております。
※未登録の刀剣以外にも査定ご希望のお品物があれば、ご相談ください。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~