【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

結城素明(ゆうきそめい)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

結城素明
1875年 - 1957年
日本画掛軸買取

結城素明(ゆうきそめい)1875年–1957年

日本画掛軸

結城素明は、明治から昭和にかけて活躍した東京出身の日本画家です。
西洋画の技法も取り入れた独自の画風により、国内外から高い評価を獲得しました。 日頃から気になる題材を見つけるたびにこまめに写生を繰り返しており、その洗練された写実力によって精度の高い緻密な作品を多く手がけました。 日本の美術界に与えた影響は大きく、その功績から従三位・勲二等瑞宝章を授与されています。

結城素明の詳細を見る

西洋技術を取り入れつつ写実的な独自の画風を生み出した画家

結城素明は1875年、東京市本所区(現・東京都墨田区)で経営する酒屋に次男として生まれました。
幼い頃から絵で生計を立てることを夢見ており、15歳で日本画家・川端玉章に師事して絵の基礎を学び始めます。その翌年には東京美術学校(現・東京藝術大学)日本画科に入学し、絵の知識をより深めました。 こうしたたゆまぬ努力により、結城は在学中からその才能を発揮。第1回日本画協会展で一等褒状を受け、続く第2回同展でも再び同賞を受賞します。この前代未聞の快挙により、結城の名は一躍広く知られることとなりました。また、この頃から写生へのこだわりは強く、日常的に墨斗と手帖を持ち歩き、目にとまるものをなんでも写生していたといいます。

卒業後は福井江亭や平福百穂といった日本画家たちと旡声会を創立したのち、東京勧業博覧会や文展、帝展などさまざまな舞台で活躍します。 一方で東京美術学校の助教授として教壇に立ち、後進の育成にも力を注ぎました。 1923年からはヨーロッパに留学し、フランス政府よりレジオンドヌール勲章を授与されるなど、海外でも輝かしい功績を残します。 帰国後は帝国美術院会員、帝国芸術院会員などを歴任したほか、東京美術学校の名誉教授にも任命されるなど、日本美術界を支える画家として活動しました。

結城素明の代表作

  • 「蝦蟆仙人」

    1907年に開催された東京勧業博覧会で三等賞を受賞した作品です。 霊験あらたかな山の中を歩く、頭に白い蛙を乗せた男性の姿が描かれています。表情や衣服、背景にそびえる大樹など、すべてにおいて緻密に描かれており、結城の写実性の高さがうかがえます。また、色の濃淡によって陰影を表現し、奥行きのある作品に仕上がっている点も見どころです。

  • 「無花果」

    「蝦蟆仙人」と同じ1907年の作品であり、第1回文展の入選作品でもあります。 無花果を収穫する女性の姿が描かれており、幾枚もの葉が1枚1枚、丁寧かつ忠実に写生されているのが印象的です。
    そのほか、「囀」「墨窯」などにも結城特有の写実性の高さがうかがえます。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。