【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

山口蓬春(やまぐちほうしゅん)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

山口蓬春
1893年 - 1971年
日本画掛軸買取

山口蓬春(やまぐちほうしゅん)1893年–1971年

日本画掛軸

山口蓬春は北海道出身の日本画家です。
また、帝展審査員、日展運営会参事および理事、日本芸術院会員などを名誉ある肩書きを歴任しています。 日本画家・松岡映丘に師事して大和絵を学ぶものの、後期は大和絵の概念を取り払い、写実的に自然を描く独自の画風を編み出します。 さらに戦後、新たな日本画の確立を目指して試行錯誤を繰り返し、これまでとは違う独特の色感と感性で“蓬春モダニズム”と呼ばれる独自の世界観を生み出しました。 時代の流れとともに作風を変え、深みを増していった山口の作品は、今もなお多くのコレクター、評論家から高い評価を得ています。

山口蓬春の詳細を見る

生涯を通して日本画の新たな可能性を探り続けた画家

山口蓬春は1893年、北海道松前郡松城町(現・松前町)に生まれました。
10歳の頃、父の転勤に伴って上京。白馬研究会で洋画を学んだのち、東京美術学校(現・東京藝術大学)に入学します。また、在学中に松岡映丘に師事し、大和絵の学びを深めました。 その後、首席で同校を卒業した山口は、松岡主宰の新興大和絵会に参加し、さらに腕を磨いていきます。そして1926年、「三熊野の那智の御山」で帝国美術院賞を受賞し、輝かしい日本画家デビューを果たしました。

こうして大和絵を極めつつあった山口でしたが、やがて振興大和絵会の活動に限界を感じ、松岡のもとを離れて新たな境地を探し求めるようになります。その後、六潮会に参加し、福田平八郎や牧野虎雄など、新進気鋭の日本画家たちと切磋琢磨していきます。 そんな中、大和絵のスタイルを払拭しようと試みた山口は、写実的に自然を描く新たなスタイルを編み出しました。これを機に、以後、時代の移り変わりとともに自身の作風も変化させていきつつ、晩年まで新たな可能性を追い求める真摯な姿勢を見せました。

山口蓬春の代表作

  • 「緑庭」

    1927年、新興大和絵会の主要メンバーとして活動していた頃に描いた作品です。 眩しいくらいに鮮やかな緑を基調とする、色彩豊かな大和絵に仕上がっています。また、写実的で緻密な筆致で描かれている点も特徴といえるでしょう。

  • 「夏」

    「春」「夏」「秋」「冬」の連作のひとつ。 度重なる試行錯誤を経て、たどり着いた境地といえる作品のひとつであり、深みを増した色彩感覚や洗練された構図が特徴的です。
    そのほか、「望郷」「夏の印象」などが代表作として挙げられます。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたとお問い合わせ時にお伝えください。
※他のキャンペーンと併用不可です。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。