【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

由水常雄(よしみずつねお)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

由水常雄
1936年 –
洋画買取

由水常雄(よしみずつねお)1936年–

洋画

由水常雄は、昭和後期から活躍するガラス工芸家です。歴史研究者としての一面も持っており、創作活動においても、考古学の視点で「再現」「復元」するといったスタイルを得意としています。 代表作である「復刻正倉院ガラス宝物」は、かつて王室で愛用されていた茶道具やぐい呑み、ワイングラスやデカンタなどを完全再現したとして話題になりました。現在は創作・執筆活動をしながら大学の講師として教壇に立つなどして、文化・技術の継承にも尽力しています。

由水常雄の詳細を見る

■歴史と芸術を融合させたガラス作家

1936年、徳島県で誕生した由水常雄は、東京の都立新宿高等学校を卒業。早稲田大学大学院博士課程を修了しました。1968年にチェコ政府の招待を受けてプラハ大学に留学し、ガラス工芸史、東西美術交渉史を専攻。ヨーロッパ各地のガラスアートの調査・研究を行いました。

1980年頃から自らも創作活動を開始し、また正倉院のガラス器について調査しました。このときの由水の調査はユーラシア大陸全域のガラスの出土状況までも調査するほどの徹底ぶりでした。 復元させた6点のガラス作品を、「正倉院ガラス宝物コレクション」として発表。ガラス工芸家としてはもちろん、日本の考古学研究者としても高く評価されました。また由水は、海外で消滅したといわれている技術の復元にも成功しています。ガラスの粉を型の中で固める「パート・ド・ヴェール」や、飴細工のような模様が特徴である「ミルフィオリ」といった技法は、復元後自身の創作でも応用しています。

1981年に東京ガラス工芸研究所を設立。母校である早稲田大学をはじめ、多摩美術大学、日本女子大学などで講師を歴任し、執筆活動をしながら箱根ガラスの森美術館顧問をつとめるなど、多方面にわたって活躍しています。

由水常雄の代表作

  • 正倉院ガラス宝物コレクション

    正倉院に納められた宝物を複製したもので、完成度がきわめて高い逸品ぞろいです。 深い海を思わせるようなグラス「紺瑠璃坏」は、復元には高度な技術が必要とされ、完全に成功する確率は10%以下といわれていましたが、見事に復元に成功しています。このほか、同じく再現困難といわれた「紺瑠璃壺」や、エメラルドのように美しい「緑瑠璃十二曲長坏」、琥珀を思わせる絶妙な色味が美しい「白瑠璃高坏」などを再現し、作品化しています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。