【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

清水信行(しみずのぶゆき)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

清水信行
1950年 -
日本画買取

清水信行(しみずのぶゆき)1950年–

日本画

清水信行は昭和生まれの日本画家で、現代日本画を代表する画家のひとりです。
風景画を得意としており、特に「京都」「富士」というテーマにこだわって絵画を制作しているという特徴があります。日展をはじめとする国内の展覧会で高い評価を得ている一方、その名は国際的にも知られています。その作品はいずれも高い価値を誇ります。

清水信行の詳細を見る

「京都」「富士」にこだわり続ける現代日本画を代表する画家

1950年、清水信行は京都に生まれました。
1972年、京都市立芸術大学に在学中、初めて日展に出品。デビュー作が初入選を果たします。 大学では専攻科に進んで1976年に修了・卒業しますが、それまでに4年連続で日展に出品、いずれも入選を果たすという快挙を成し遂げています。

こうして画家デビューを果たした清水信行は、京都に腰を据えて日展に出品するかたわら、1984年には日仏現代美術展に作品を発表。フランスソワール賞を受賞して国際的な評価も高めます。 その後は個展を開催し、画文集『心の山河 心の森』を出版する(2001年)など活躍。 また「富岳」「紅富岳」「清水新雪」が2007~2010年に発行されたユニセフのグレーディングカード(挨拶カード)のデザインに選ばれ、世界中の人に信行の絵画の存在が知られることになりました。 こうして国内外でその名が知られるようになった清水信行は、現在も制作を続けています。

清水信行の代表作

  • 「新雪(南禅寺)」

    京都市左京区にある臨済宗の寺院・南禅寺を描いた作品です。 初冬、綿のようにふわりとした質感の雪が静かに降り積もった新雪の情景が気品のあるタッチで描かれています。緻密で繊細な描写によって描かれた近景の木々や背景の山峰、そして中心に据えた南禅寺本殿が確固たる構図で表現されており、存在感を放っています。 なお、同じ構図で雨上がりの南禅寺を描いた「雨後(南禅寺)」という作品もあります。

  • 「紅富岳」

    清水信行が京都とともにこだわり続けている富士をテーマにした作品です。2007年、ユニセフのグレーディングカードのデザインに選ばれました。 曙光に彩られて赤く染まった富士の山頂に、黄金色に染まった雲がたなびく図が描かれています。 清水信行は「壮大で高貴な富士を表現したい」という想いを持って制作に臨んでいますが、この作品もまたその精神に貫かれており、華やかでありつつ荘厳な印象を与えます。
    その他、「古都春宵」「嵐山緑風」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。